ここから本文です

【鹿島】「“俺に出しておけよ”みたいな」確かな成長を感じている土居聖真の充実

8/24(土) 8:29配信

SOCCER DIGEST Web

「僕が打開したというか、状況を変えたというか」

[J1リーグ24節]鹿島2-2G大阪/8月23日/カシマ
 
 1点ビハインドで迎えた44分、鹿島に同点弾が生まれる。土居聖真の横パスを受けたセルジーニョが右足を一閃。強烈なシュートがG大阪ゴールに突き刺さった。
 
 豪快なゴラッソだったが、そこに至るまでの過程も見事だった。起点となったのは、土居だ。アシストだけではない。中盤でG大阪がボールをつなぎながら、倉田秋がキープしたところに狙いをつけ、プレスバックしてカットする。そのこぼれ球を拾ったセルジーニョが名古新太郎に預け、名古からの縦パスを土居がもらい、前に運んでいった。
 
「(自分は)良い位置にいると思っていたけど、そこにボールが入ったり、入ってこなかったりしていて。リターンパスとかすごく欲しくて、名古には言っていたんですよ。『(相手が)来ていても出してほしい』と。それで名古が修正してくれた。僕がカットした後に、返してくれたので」
 
 セルジーニョの得点は、文字通り、土居がお膳立てしたもの。「素晴らしいシュートだった」とチームメイトを称賛しつつ、「僕がボールを奪って、僕が打開したというか、状況を変えたというか」と控えめに振り返る。
 
 さらに「入らなかったけど、けっこう気持ちよかった」というシーンもある。84分のビッグチャンスだ。敵陣のペナルティエリア付近で、土居がドリブルを開始。十分に相手を引きつけてから、セルジーニョに柔らかい横パスを通す。セルジーニョのシュートは相手GKにストップされたが、土居自身はある程度、納得がいくプレーだったようだ。
 
 そんな土居にも決定機が訪れる。89分、相手ゴールに背を向けた状態で、右サイドの小泉慶からのパスを収める。自分のすぐ後ろにいる井手口陽介をキックフェイント一発で鮮やかにかわし、右足をコンパクトに振り抜く。決まったかに思われたが、シュートは空しくバーの上を飛んでいった。
 

【鹿島 2-2 G大阪 PHOTO】G大阪が敵地で先制。鹿島に逆転を許すもPKで追いつきドロー決着

「力ではなくて、コースを狙って打ったけど……。余裕がありすぎたというか、もうひとつ前に運んでもよかったけど、流れで打っちゃった」
 
 最終的に試合は2-2のドロー決着。先制されながらも、セルジーニョのゴールで追いついて、伊藤翔が逆転弾を叩き込む。鹿島が勝っていてもおかしくない展開だったが、PKで試合を振り出しに戻されてしまう。
 
 そうしたなかでも、土居自身のパフォーマンスは際立つものだった。
 
「自分が打開して、チャンスを作って、自分でも、周りを使ってでも、点につながるように。それは心がけている。今シーズンはずっとそうかな」
 
「1試合で(ゴールチャンスに絡むプレーを)何回も出せているのは、成長したと思う」
 
 まだまだチャンスメイクを担う頻度が高く、その結果、自らがフィニッシュに顔を出すシーンは限られてしまっているが、鹿島の攻撃で土居は最も欠かせない選手であるのは間違いない。
 
 頼もしいコメントも発する。「昔から思っていることだけど、“俺に出しておけよ”みたいな。今年はなおさらその気持ちが強くなってきて、プレーで表現できるようになっている」と。充実の時を迎えている背番号8のさらなる奮起が、タイトル奪取の鍵を握る。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:8/24(土) 10:09
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事