ここから本文です

八村塁、現役NBA選手と激突へ ドイツ戦メンバー発表、“鬼門”欧州勢への試金石に

8/24(土) 12:59配信

THE ANSWER

ドイツは現役NBA選手デニス・シュレーダーらメンバー入り

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は24日、31日開幕のW杯(中国)に向けた同22位・ドイツとの強化試合(午後3時試合開始・さいたまスーパーアリーナ)のメンバーを発表。米プロバスケットボール(NBA)のドラフト会議で日本人初の1巡目指名を受けたウィザーズ・八村塁、グリズリーズとツーウェー契約を結ぶ日本人2人目のNBAプレーヤー・渡邊雄太ら12人が名を連ねた。

【動画】「ルイは本物だ」「日本のジョーダン」などとウィザーズファン大興奮、八村が開始55秒で叩き込んだ“咆哮ダンク”の実際のシーン

 ドイツは19日の強化試合で世界ランク24位のチェコに87-68で勝利。サンダーのデニス・シュレーダー、マーベリックスのマクシミリアン・クレーバー、セルティックスのダニエル・タイスらNBA選手を擁する強豪だ。日本と1次リーグで戦うチェコに実力差を見せただけに、日本がドイツ相手にどこまでできるかで本大会を占うことになるだろう。

 12日のニュージーランド戦では、11か月ぶりの国内凱旋試合となった八村が両軍最多の35得点を挙げるなど大暴れ。詰めかけた5612人のファンを沸かせ、チームは99-89で勝利を飾った。しかし、連勝を狙った14日は3ポイントシュートだけで39点を奪われるなど、87-104の大量失点で敗戦。22日のアルゼンチン戦は93-108で敗れたものの、世界ランク5位に善戦し、本大会に期待の持てる内容だった。

 さいたまスーパーアリーナは来年の東京五輪会場でもあり、すでに1万7000枚以上のチケットが発券されるなど盛り上がりを見せている。歴代最強の呼び声高いチームがどんな試合をするのか。日本はW杯に4回出場し、勝ったのは南米・アフリカ勢だけ。対欧州は7試合で一度も勝てていない。長身選手が並び、各国にNBA選手も名を連ねる“鬼門”の欧州勢に勝利を収められるか――。まずは試金石となるドイツ戦に向かう。

メンバー入りした12人は、以下の通り

PG安藤誓哉
C太田敦也
SG比江島慎
PG篠山竜青
SF八村塁
PF竹内公輔
SF渡邊雄太
SG安藤周人
PF竹内譲次
SF馬場雄大
Cファジーカス・ニック
SG田中大貴

 最後の強化試合として25日にチュニジア戦(さいたまスーパーアリーナ)を予定。W杯1次リーグでは9月1日にトルコ、3日にチェコ、5日に米国と対戦する。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/24(土) 13:41
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事