ここから本文です

<凪のお暇>中村倫也“ゴン”トレンド入り!胸に手を当てる“キュン”ポーズに「可愛すぎ!!」

8/24(土) 6:44配信

ザテレビジョン

黒木華主演のドラマ「凪のお暇」(なぎのおいとま/毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第6話が8月23日に放送された。数々の女性を泣かせてきたゴン(中村倫也)がついに恋に落ち、胸の痛みに苦しむ姿がファンの心をつかんでいる。(以下、ネタバレが含まれます)

【写真を見る】胸の痛みに戸惑うゴン(中村倫也)…かわいい!

■ ゴン、初恋に七転八倒!

「凪のお暇」は、漫画誌「Elegance イブ」(秋田書店)で連載中のコナリミサトによる同名漫画が原作。仕事も恋もマンションもすべて捨てて安アパートに引っ越した28歳の大島凪(黒木華)が、元カレ・慎二(高橋一生)と新しく出会う人たちを巻き込みながらも人生をリセットしていくストーリー。

安アパートで隣りの部屋に住むゴンは誰にでも優しく、付き合った女の子をダメにしてしまう“メンヘラ製造機”。凪(黒木)もそんなゴンの魅力にハマって“闇落ち”していたが、5話ではそこから脱出することに成功。“しばしのお暇”の日々が復活した。

その一方で、凪が前に一歩踏み出すのと入れ替わるように、ゴンの胸の中では特別な感情が芽生え始めていた。6話では、ゴンが胸を押さえ「痛み…そう、最近このあたりが。凪ちゃんに会ったときだけ」「見つめあうと、素直に…おしゃべりできない。凪ちゃん見てると、胸がチクってする」と恋の痛みを自覚する場面も。

アパートの住民・緑(三田佳子)からは「あなた、その胸の痛みが何なのか本当に知らないの?だとしたら、初恋ね!」「今度は自分が壊れる番ね」と宣言され、ぼう然の表情。あまりの苦しさに、「恋、しんど…」と凪の胸に倒れ込んだのだった――。

■ 「ゴンさん」トレンド入り!

数々の女性を泣かせてきたゴンが恋の病に苦しむ展開に、ファンからは「ゴンさん可愛すぎてしんどい!!」の声が続出。SNSは「ゴンさんの行動すべてが愛おしい」「初恋って…ゴンさんどんだけピュアなの」「キュンキュンしすぎて言葉が出ない」といった声でにぎわい、Twitterでは「ゴンさん」がトレンド入り。「ゴンさん毎週トレンド入りしてる」「大人気かよ!」と、その反響の大きさにも驚きの声が上がっている。

■ ゴンが行動を起こす!?第7話あらすじ

第7話は8月30日に放送する。凪から、ゴンと別れたことを聞いた慎二は、オフィスラブを満喫中の円(唐田えりか)とランチ中にも関わらず、凪が気になり上の空。その時、突然同僚の足立(瀧内公美)たちがやってきて、慎二と円と鉢合わせてしまう。秘めた関係がバレているのではないかと、よくない空気が漂う中、慎二は思いがけない人物と接触する…。

一方、ゴンは凪のことを好きだと自覚してから、自分が凪のために何をしてあげられるのかと思い悩んでいた。そして、ついにゴンが行動を起こす。

ゴンの思いとは裏腹に、徐々に慎二(高橋一生)との距離を取り戻しているようにも見える凪。ゴンの恋心が報われる日は来るのか!?

(ザテレビジョン)

最終更新:8/24(土) 6:44
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事