ここから本文です

三吉彩花、“空中ブランコ”やセクシーなポールダンスの舞台裏公開!

8/24(土) 19:44配信

ザテレビジョン

公開中の矢口史靖監督、三吉彩花主演によるミュージカル映画「ダンスウィズミー」より、本作で三吉が挑戦したワイヤーアクションを駆使して空中ブランコをする舞台裏映像が公開された。

【写真を見る】妖艶な手足の動かし方…! 三吉彩花のポールダンス舞台裏SHOT

本作は、映画「ウォーターボーイズ」(2001年ほか)や「ハッピーフライト」(2008年)などで知られる矢口史靖が、原作・脚本・監督を務める予測不能なコメディー・ミュージカル。

ひょんなことから、音楽を聞くと歌い踊らずにはいられないカラダになってしまったミュージカルが苦手なヒロイン・鈴木静香(三吉)の奔走する姿をコミカルに描く。

日本中のオーディションで選ばれ、主人公である“ミュージカルニガテ女子“の静香を演じた三吉は、ハードな練習を積み重ね、歌もダンスも吹替なしで本作を演じ切った。

中でも、一番アクロバットな姿を見せたのが、“うそくさい先輩エリート社員”の村上(三浦貴大)に誘われたディナーデートでのシーンだ。

おいしい食事に舌鼓を打ち、村上にワインを勧められ、ウキウキ気分の静香だったが、突如始まってしまった生演奏にカラダが反応してしまい…。山本リンダの「狙いうち」に合わせて、縦横無尽に踊り狂い、連続テーブルクロス引き、カウンターに飛び乗ってのポールダンスからシャンデリアにぶら下がるなどの暴れっぷりを見せた。

解禁となったメーキング映像には、シャンデリアが飾り付けられた空中ブランコにつかまり、振り子のように前に後ろにワイヤーで大きく引っ張られる練習風景が収められている。

空中ブランコをダイナミックに乗りこなし、練習が順調に進んでいるようだが、実は高所恐怖症という三吉。天井からつるされて垂直落下をするシーンでは、恐怖に打ち勝つべく懸命にシミュレーションを続けた。

普段はクールに見える三吉でも、撮影中に「きゃっ!」と悲鳴を上げてしまう、かわいらしい一面をのぞかせることも。

その後も継続してトレーニングに取り組んだ結果、本番では笑顔満開の見事な空中浮遊を披露している。

また、初めての挑戦となったポールダンスは、長い手足と抜群の身体能力を生かして果敢にポールでの回転を試みるが、なかなかうまくいかず、「まわるのめっちゃ難しい!」と本音が出てしまう場面も。

それでも笑顔を失わずに何度も何度もトレーニングを重ね、本番では見事なポールダンスを見せた。(ザテレビジョン)

最終更新:8/24(土) 19:44
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事