ここから本文です

「皇帝」本田圭佑、衝撃ゴールに再脚光 “30m超絶ミドル弾”反響「ヒーロー」「史上最高」

8/24(土) 10:50配信

Football ZONE web

VVVフェンロ時代の2009年、本田が叩き込んだ強烈ミドル弾をクラブが回想

 鮮烈なゴールはいつの時代も観る者を魅了して止まない。そんな一撃を放った元日本代表MF本田圭佑(無所属)の強烈ミドル弾に再び注目が集まっている。かつて本田が所属したオランダ1部の古巣VVVフェンロはインスタグラムでゴール映像をアップし、ファンから「ホンダーー」「私たちのヒーロー」などの声が上がった。

【動画】「生観戦した史上最高のゴール」とファン絶賛! 「皇帝」本田圭佑が叩き込んだ30m超絶ミドル弾の瞬間

 日本人MFのスーパーゴールが生まれたのは2009年8月16日のユトレヒト戦。VVVは1-2とリードを許し、劣勢で迎えた後半33分、中盤でボールを受けた本田はワンステップで対面したマーカーを軽やかにかわすと、相手ゴールまで約30メートルの位置から左足を一閃。強烈な弾道のボールにGKも反応及ばず、ゴール右上隅に突き刺さった。

 VVVは23日にインスタグラムやフェイスブックを更新し、本田が叩き込んだ超絶ミドル弾の映像をアップ。本田は前シーズンに2部リーグMVPに選出されており、押しも押されもせぬエースとして君臨していた。当時の勢いを物語るように、クラブは「#Throwback: keizer Keisuke!」(回想:皇帝ケイスケ)と賛辞を送っている。

 海外ファンから「生観戦した史上最高のゴール」「昨日のように今も覚えている」「ホンダーー」「私たちのヒーロー」などのコメントが届いており、“カイザー”と呼ばれた男がいかに愛されていたかを物語っている。

 本田は同年冬にロシア1部CSKAモスクワへ移籍。翌2010年の南アフリカ・ワールドカップでは世界を震撼させた無回転FKを決めるなど4試合フル出場2ゴールの活躍を見せ、16強進出の立役者になった。

 売り出し中だった若武者が、「HONDA」の名前をより印象付ける形となったスーパーゴールの衝撃は、今も色褪せていない。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/26(月) 8:59
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事