ここから本文です

やっぱりすごいぞ渋野日向子。 疲弊の中で好成績も今後に懸念はある

8/24(土) 6:57配信

webスポルティーバ

海外メジャーの全英女子オープンを制して、一躍、時の人となった渋野日向子(20)。凱旋帰国後も休むことなく、日本ツアーに参戦し、多くのファンを沸かせた。

【写真】今季女子ツアーを席巻する「黄金世代」

 帰国初戦は、北海道meijiカップに出場。ただでさえハードなスケジュールのなか、関係各方面への挨拶や取材対応などに追われて体調を崩してしまったが、初日「70」、2日目も「70」で回って通算4アンダー、9位タイで見事に予選ラウンドを突破した。

 最終日はイーブンパーに終わるも、最後に連続バーディーを奪って、13位タイでフィニッシュ。渋野をひと目見ようと駆け付けた大勢のギャラリーの期待に応え、大歓声を浴びた。

 そして圧巻だったのは、帰国2戦目となるNEC軽井沢72トーナメントだ。

「先週は(状態が)20~30ぐらいでしたが、今週はだいぶ回復しました。50ぐらい。練習も先週よりできました」と言う渋野は、初日から5アンダー、7位タイと好スタートを切った。そして、2日目も「68」と4つスコアを伸ばして、通算9アンダー、2位タイで最終日を迎えることになった。

 凱旋優勝の期待がかかった最終日も、前半からスコアを伸ばして優勝争いを展開。ほとんどの観客が渋野の組を追いかけるなか、それに動じることもまったくなかった。逆に、全英女子オープンで見せたような強気のパットを随所に決めるなど、フェアウェーからグリーン周りまで二重、三重に取り囲んでいた大ギャラリーを魅了した。

 ただ、最後のバーディーパットを決めれば優勝という、全英女子オープンと同じシチュエーションとなった最終18番ホール。およそ5mのバーディーパットを外した渋野は、返しのパーパットも外してボギー。惜しくも3位タイに終わった。

「何なんですかねぇ......。最後(のバーディーパット)だけ、めっちゃ緊張したんですよ。手が震えてしまって......。ただただ情けない」

 ラウンド後、渋野はそう振り返ったが、全英女子オープンからの過酷なスケジュールに加え、異常とも言える周囲のフィーバーぶりに見舞われても、苦悩の表情を一切見せず、最後まで"シブコ・スマイル"を見せてプレー。そのうえで、優勝争いまで演じたことは、正直驚きでしかない。例年をはるかに超える観客、テレビの前にいた多くのファンの期待には、十二分に応えたはずだ。

1/3ページ

最終更新:8/24(土) 6:57
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事