ここから本文です

ビタミンAがシミ・シワ・にきびを改善。効果や注目コスメを医師に聞く

8/24(土) 15:46配信

女子SPA!

 こんにちは、外科医の平岡由愛です。

 8月も下旬。気温は徐々に下がりつつありますが、まだまだ紫外線が強い日が続きます。紫外線は、お肌のエイジングを加速させてしまう天敵。サボらずに丁寧なスキンケアを行いたいものです。

 最近ではドラッグストアに行けば、セラミドやビタミンC、プラセンタなどお肌の美容に良いとされる成分はたくさんあります。そんななか、お肌に塗るビタミンAが注目されていることを知っていますか?

ビタミンAの美肌効果は大きく3つ

 わたしは現在、形成外科医として機能・形態的異常疾患を扱いつつ、形成外科の視点から美容医療を探求しています。名前自体はほとんどの人が知っているビタミンAですが、美容業界では、その効果効用に期待が集まっているのです。

 その効果・効用は、大きくまとめると以下の3点になります。

①シミ・くすみの改善、お肌のトーンアップ

②小ジワを改善し、お肌にハリを出す

③ニキビの予防、改善

 それぞれ詳しく説明していきますね。

1)シミ・くすみを改善

 まず1つ目のシミ・くすみの改善、お肌のトーンアップです。

 そもそも加齢とともにお肌のターンオーバーが遅くなり、メラニンを排出する力が弱まることで、シミが目立つようになります。ターンオーバーとは、肌の細胞が新しく生まれ変わるサイクル。通常およそ28日周期で行われますが、年齢とともに減速していき、40代では約40日周期とされています。

 ビタミンAは、表皮の細胞を増殖させ、お肌のターンオーバーを促進することにより、表皮内のメラニンの排出を促します。

2)お肌の細胞を増やして小ジワを改善

 2つ目に、小ジワを改善し、お肌にハリを出します。

 ビタミンAは、表皮のターンオーバーの促進とともに「真皮」内の線維芽細胞のコラーゲン産生を促進する効果があるため、小さなシワが目立たなくなります。皮膚は、大きく分けて3層構造になっていて一番上の層が「表皮」、その下が「真皮」、最下層が「皮下組織」となっています。

 お肌の細胞を増やす効果があるので、加齢とともに薄くなってしまった表皮を増やし、コラーゲンの効果とともに、ハリのあるお肌になります。また、ビタミンAは真皮内の血管新生を促し、皮膚の血行も改善させるため、血色が良く、強いお肌に生まれ変わります。

1/2ページ

最終更新:8/24(土) 15:46
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事