ここから本文です

波乱相場こそ 長期積み立て投資が強みを発揮

8/25(日) 7:47配信

NIKKEI STYLE

米中貿易摩擦を背景に世界の株式市場が動揺している。日経平均株価は8月に入り1102円(5.1%)安と大きく下落し、投資を始めたばかりの初心者は不安になっている人もいるだろう。実は荒れた相場で強みを発揮するのが積み立て投資だ。積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)を使い、長期投資を始める好機といえそうだ。
つみたてNISAは年間40万円を上限に投資し、20年間にわたって投資信託の運用益が非課税になる制度だ。20歳以上の国内居住者であれば誰でも口座を開設できる。長期的な資産形成の手段として利用する価値は大きい。

■価格変動の影響を小さく

つみたてNISAで購入できるのは販売手数料がかからず、保有コストが低い投信が中心で、基本的に一定の期間ごとに固定の積立額で購入する。こうした手法は「ドルコスト平均法」と呼ばれ、一度に大きな額を投資するのに比べて価格変動の影響を小さくできる。「投資を始めるタイミングにあまり頭を悩ませる必要はない」(三菱アセット・ブレインズの標陽平ファンドアナリスト)のも利点だ。
始めるには証券会社や銀行などに口座を開設するが、1口座しか作れない。金融機関によって投信の品ぞろえや最小投資金額などが異なることに注意したい(表A)。

差が目立つのは商品数だ。対面証券や銀行は商品数を絞っているのに対し、ネット証券は150本前後を用意している。ネット証券の方が選択肢が広い半面、対面証券などでは実店舗で説明を受けながら選べる。積み立て頻度は毎月が基本だが、SBI証券や楽天証券は毎日も可能だ。

■投信のコストに注意

次は投信選びだ。投信は運用手法により「インデックス型」と「アクティブ型」に大別できる。前者は日経平均など市場の平均的な値動きを示す指数と同じような値動きをする。後者はプロの運用者が投資先を選別し、市場平均を上回る成果を目指す。
一般的にアクティブ型の方が投信の保有コストである信託報酬が高めだ。金融庁によれば、つみたてNISA対象投信の信託報酬の平均はインデックス型で0.31%、アクティブ型で1.03%(7月22日時点)。NISA口座は運用益は非課税だが、投信ごとにかかる信託報酬は保有期間中、ずっと負担する必要がある。長期投資の利益を大きく左右するだけに、できるだけ低コストの投信を選びたい。

投資先には国内外の株式に特化するタイプや債券など複数の金融資産に分散投資するタイプがある。ニッセイ基礎研究所の前山裕亮准主任研究員は「地域分散をきかせるため、先進国や全世界の株式に投資するインデックス投信がおすすめ」と話す。
つみたてNISAの対象で、信託報酬が低い主なインデックス投信を表Bに示した。「ニッセイ外国株式インデックスファンド」や「たわらノーロード全世界株式」などのコストの低さが目を引く。投資先などが同じ投信が複数ある場合は、より低コストの投信を選びたい。

1/2ページ

最終更新:8/25(日) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい