ここから本文です

「2階建て」「700系」「E2系」 定年が近づく新幹線車両たち

8/25(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 技術立国ニッポンが世界に誇る鉄道の一つに新幹線があるが、様々な理由により、いくつかのタイプには引退時期が迫っている。お別れの時が近づく3つの車両を紹介しよう。(データは1=鉄道会社 2=路線名 3=区間 4=登場年 5=引退予定日 6=特徴)

【写真】「2階建て新幹線」も引退

【上越新幹線 E4系(2階建て・Maxとき、Maxたにがわ用)】
(1)JR東日本
(2)上越新幹線
(3)東京⇔新潟
(4)1997年
(5)2020年度末までに
(6)2階建てが特徴。通勤需要にも応えるため、輸送力を上げられる2階建てを採用。この引退で2階建て新幹線は姿を消す。2階の席は窓が高く、通常の新幹線と違い防音壁よりも目線が高くなるため車窓の景色を楽しむことができる。2階建てで車高が高く安定性が低いことから速度は遅め。2011年5月からMax限定で掲示されている広告 「東京新潟物語」が名物。シリーズ化されたこの広告は春夏秋冬でフレーズを変えながら8年間にわたりMaxの車内に貼り出されてきた。スポンサーは長岡市の老舗の酒蔵「吉乃川」。

【東海道新幹線700系】

(1)JR東海
(2)東海道新幹線(山陽新幹線)
(3)東京⇔新大阪(~博多)
(4)1999年
(5)2020年3月
(6)先頭形状はエアロストリーム形のフォルム。この形状はトンネル突入時などに発生する微気圧波を大きく低減し、騒音の抑制にも貢献。独特の形状から「カモノハシ」の愛称で親しまれた。喫煙コーナーでなく自分の席でタバコを吸うことができる最後の新幹線として愛煙家からの人気が高い。定期列車は「こだま」の一部列車のみ(山陽区間では2020年以降も使用予定)。

【東北・上越新幹線 E2系】

(1)JR東日本
(2)東北・上越新幹線
(3)東京⇔盛岡・新潟
(4)1997年
(5)北陸新幹線からは2017年に引退し、上越新幹線からは2022年度末にE7系に統一の計画。東北新幹線は未定。
(6)JR東日本が標準形新幹線として開発し、当初は「やまびこ」「あさま」などで使用した。

取材・文/戸田梨恵

※週刊ポスト2019年8月30日号

最終更新:8/25(日) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事