ここから本文です

藤森照信の茶室を巡るツアーが誕生!

8/25(日) 18:30配信

Casa BRUTUS.com

通常は一般公開されていない藤森照信さん設計の3つの茶室に入ることができるガイドツアーが登場しました。

藤森照信の故郷、長野県茅野市には藤森が設計した茶室が3つある。ツリーハウスのように高さ6メートルの木の幹の上にポツンと建つ《高過庵》(たかすぎあん、2004年)、ワイヤーで宙に吊るされた《空飛ぶ泥舟》(2010年)、そして竪穴式建築のように半分地中に埋まった《低過庵》(ひくすぎあん、2017年)の3つだ。

これらの茶室はいずれも藤森個人の所有物。そのため、特別な市の行事を除けば一般公開はされていない。このたび、茅野の風土、人の暮らしを通した旅を提案する「ちの観光まちづくり推進機構」が許可を得て、認定ガイド立ち合いのもと茶室に入室できるツアーが9月からスタートすることになった。

ツアーではまず〈諏訪大社前宮〉に向かい、この地に伝わる人々の自然への信仰に思いを巡らす。そして、藤森の処女作品である〈神長官守矢史料館〉を見学したのち、《高過庵》と《空飛ぶ泥舟》にはしごをかけて入室。おしまいに《低過庵》の中で真っ暗な茶室の中、しばし暗闇を体験する。低・宙・高、3つの藤森茶室を一度に体験できる茶室三昧ツアー。すぐにでも行きたい!

photo_ちの観光まちづくり推進機構 text_Kanae Hasegawa editor_Keiko Kusano

最終更新:8/25(日) 19:46
Casa BRUTUS.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事