ここから本文です

特殊柔軟ゴムで足着き性はそのまま、お尻の痛みを解消![EFFEX ゲルザブR]

8/25(日) 11:30配信

WEBヤングマシン

幅広い機種に対応する「R」が登場

長時間のライディングで悩みの種となるのは、お尻の痛みだ。圧力が一点に集中することによる血行不良などが要因だが、これを解決するためにシートカスタムをするとなるとコストも馬鹿にならない。だが、“後のせタイプ”のクッションなら、カンタンかつ不快な振動も吸収してくれるなど一石二鳥となる。

【写真をまとめて見る】

体圧を分散し振動も軽減、取り付けも非常に簡単

シートに求められる要件は多種多様。例えば、足着き性を良くしたいならシートを薄く細身にすればいいが、そのぶん衝撃吸収性は低下し、体重が狭い面積に集中するのでお尻への負荷も増加する。両立はなかなか難しいのだ。

それを解決してくれるのがエフェックスのゲルザブR。内蔵されるゲル状の特殊素材「エクスジェル」が、わずか12mmの薄さながら効率よく衝撃を吸収し、お尻に掛かる圧力を分散。シート高の上昇を最低限に抑えつつ、長時間走行時のお尻の痛みを劇的に緩和してくれる。振動をカットする効果もあるので、シートに発生する、ビリビリした不快な微振動対策にも効果的だ。

[EFFEX GEL-ZAB R]幅広い機種に対応するゲルザブRは、主にオンロード車に対応。検討を重ねた寸法で幅広い機種に適合する。 ●価格:1万260円(8%税込)

ゲル素材は柔軟性が高いため、これを用いたシート用座布団はグニャリとした座り心地になりがちだが、ゲルザブはウレタン素材を効果的に併用することでこれを克服。現行品は形状のラウンド化で密着度を高め、より幅広い機種にも適合させた3代目で、表皮の変更でお尻のグリップ感も向上。テストや改良を繰り返し、アップデートを重ねているのもこの製品の特徴だ。

シートに巻き付けて面ファスナーで止めるだけと装着は超簡単。裏面は摩擦力が非常に高い素材なので「シートからズレて動いてしまう!」といった心配もなく、防水構造なので雨天でも使える。オフ車向けにサイズやゲルの量を最適化した「ゲルザブD(1万800円)」や、シート表皮を剥がして内部に仕込む「ゲルザブS(8100円)」、その小型版「ゲルザブSS(7452円)」も設定されている。

柔軟性抜群! 内蔵の特殊柔軟ゴム「エクスジェル」がキモ

エクスジェルは主にお尻と太ももが載る部分(写真でグレーの部分)に内蔵。荷重をゆっくり沈みながら受け止める衝撃吸収性と、流動性が高く、包み込むように形状に追従する柔軟性が特徴。低温でも硬化しにくく、経年劣化も少ない優良素材だ。

広い面で圧力を受け、振動や衝撃も吸収

エクスジェルはウレタンの5~10倍の衝撃吸収力を持ち、効果的に振動や衝撃を吸収。さらにお尻の形に追従して変形するため、広い面で圧力を受け止められる。

圧力が1点に集中しにくい

お尻への圧力分布を示すデータ。エクスジェルは圧力が集中せず、きれいに分散している。

●文:編集部 ●写真:山内潤也 ●取材協力:プロト

WEBヤングマシン編集部

最終更新:8/25(日) 11:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年10月号
8月23日発売

定価880円(税込)

大特集:銀のバリ伝 その先のバイクライフ
新カタナ・カスタム特集
2019鈴鹿の暑い夏
別冊付録:世界初・日本発 列伝

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事