ここから本文です

岡崎体育、たまアリ公演後に「引退」するつもりだった

8/25(日) 17:50配信

ananweb

岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「これからの夢」です。

デビュー以来、僕の目標は「さいたまスーパーアリーナでの単独公演」でした。なので、それを達成したら表舞台から引退する気だったんです。だって、田舎から出てきたビジュアルがいいわけでも歌がうまいわけでもないヤツが、さいたまスーパーアリーナで1万8000人のキャパを埋めたわけですから、もうそこまでできたら十分やろと思っていたんです。そのあとは裏方にまわって、好きな曲をネット配信でリリースしたり、プロデュース業をしたり、どちらかといえば気楽な音楽生活を送ろうと決めていました。ですが、岡崎体育としてみなさんに楽しんでもらい、笑ってもらうという充実感を得てしまい、少なからず期待もいただいている。そんな中で、自分の体が悪いわけでも声が出ないわけでもないのに退くというのは失礼なことだと思うようになりました。だから、引退宣言は撤回し、次の岡崎体育としての目標に向かって進もうと決めたんです。

もともと、僕はソロ音楽活動をはじめた当初から4つの目標を立てていました。そのひとつが「たまアリのステージに立つこと」。残りの3つはというと「日本一のアイドルを作る」「アルバムを死ぬまでに30枚出す」そして「ひとつのアルバムで10万枚セールスする」というもの。7年間の活動で4つのうち、やっとひとつ達成できたことになります。「アイドルを作る」というのは、どちらかといえばプロデューサー的な夢ですね。パフォーマー岡崎体育とは別の話なのでここでは置いておきます。「アルバム30枚」も還暦くらいまでに叶えられたらええやんと思っていることなのでこれも先の長期的目標。なので、必然的に岡崎体育として直近で、もっとも叶えたい夢は「アルバムの10万枚セールス」。これです。

この令和の時代に10万枚売るってことは、どれだけ大変なことなのか。それはメジャーデビューしてからの3年間で、痛いほど理解しているつもりです。でも、困難だからこそ挑戦したい。「いつか、さいたまスーパーアリーナのステージにひとりで立ってライブします」というのも、お客さんが3人きりだったライブハウス時代から言い続けていたこと。10万枚売るのだって、同じことです。言霊に乗せて願い、努力すれば、いつか叶うと僕は信じています。

Information

おかざき・たいいく ドラマ10『これは経費で落ちません!』(NHK総合 毎週金曜22時~)の第3話(8/9放送)に出演。来年2/11(火)、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)でワンマンコンサート開催!

写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

最終更新:8/25(日) 17:50
ananweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事