ここから本文です

【Bellator】19年選手ハリトーノフがミトリオンを再戦でTKO! 隻腕ニューウェルが一本勝ち、ゴザリがイマナリロールから11秒ヒールフックで3連勝

8/25(日) 13:19配信

ゴング格闘技

2019年8月24日、米国コネチカット州ブリッジポートにて、「Bellator 225: MITRIONE vs. KHARITONOV 2」が行われた。

【写真】ヘンゾ門下生のゴザリは“イマナリロール”からヒールを極めた

年末のRIZINとの対抗戦も発表されるなか、Bellatorメインでは、2月にノーコンテストとなったマット・ミトリオン(米国)とセルゲイ・ハリトーノフ(ロシア)が再戦に臨んだ。

前戦では1Rわずか15秒、ミトリオンの偶発的なローブローによりハリトーノフが試合続行不可能でノーコンテストとなっていたが、今回の試合では、ミトリオンのローを受けながらもハリトーノフは右フックで再三ミトリオンのマウスピースを飛ばすと、集中力が切れたミトリオンに右アッパー&ヒザ蹴りでダウン奪取。最後は鉄槌2発で2R TKO勝ちを決めた。

因縁の再戦を制したハリトーノフは、2つのNCを挟みながらも6連勝中で、2000年のプロデビューからPRIDE時代も経て、19年間でMMA戦績を29勝6敗2NCとした。

女子バンタム級では、前戦で元ボクシングWBCインターナショナル女子スーパーバンタム級&フェザー級王者のヘザー・ハーディーを1R TKOに下すなど3連勝中のテイラー・ターナー(米国)が、コロンビアのアレハンドラ・ララと対戦。

公開計量でビキニ姿にボディペインティングし、ブラジルのアマゾン火災への注視を訴えていたララが、ターナーをパウンドアウト。存在感を見せている。

また、プレリミナリーでは隻腕ニック・ニューウェル(米国)がコーリー・ブラウニング(米国)に1R 肩固めで一本勝ち、Bellator初陣を飾った。ヘンゾ・グレイシー門下生のアヴィヴ・ゴザリ(イスラエル)はエドゥアルド・ムラヴィスキー(ベラルーシ)をイマナリロールからのヒールフックを極め、11秒勝利で3連勝をマークしている。

最終更新:8/25(日) 13:19
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事