ここから本文です

【アプリ婚・妊娠出産編】出産をすると、自分が自分でなくなってしまうのでは?という不安

8/25(日) 16:01配信

Suits-woman.jp

こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在35歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。2017年2月にお見合いアプリで出会った男性と結婚し、今年2月に出産をしました。

結婚するまでは、仕事と趣味に没頭する日々で、彼氏こそ欲しいなと思ってはいましたが、結婚に関しては「世間的には、いつか結婚をした方が良いのかもしれない…」とぼんやり思うくらいで、ましてや出産に関しては「いつか私も出産するような日が来るのだろうか……」と、まるで遠い世界のことのように思っていました。

それゆえ知識も浅く、いざ出産するとなったら驚きの連続でした。

妊娠出産編では、自分の体の変化、周囲とのギャップ、仕事と出産の悩みなどを自身の体験を元にご紹介していきます。

もちろん妊娠出産に関しては、体の変化も人それぞれですし、考え方も様々なので、あくまでも私自身の一体験として読んでいただければと思います。

☆☆☆

前回は、“子供を持つことへの不安”について触れてみましたが、今回は、“出産で自分自身が変わってしまうのでは?”という不安についてひも解いてみることにしました。(前回の記事は下記リンクより)

妊娠をすると女性の体には様々な変化が起き、出産後も授乳やオムツ替えなどなど生活リズムも様変わり。いやおうなしに“変化のオンパレード”が続きます。

私自身、実際まだ“変化のオンパレード”のさなかなのですが、昨年7月の妊娠発覚から、すでに1年以上が経ったこともあるせいか、ようやく“変化のオンパレード”ともうまく付き合えるようになってきたという状況です。

しかし、妊娠以前の私は、その“変化のオンパレード”を必要以上に恐れていました。

「きっと、出産すると自分自身が、自分ではない何か(母親と呼ばれる何か別の存在)に変わってしまうのだ……」と。

自分の仕事のキャリアはもとより、自分自身の考え方やアイデンティティーまでもが変化してしまったり、さらには消えてしまったりするかもしれない……そんな不安が、実は結婚後もしばらくつきまとっていたのです。

1/3ページ

最終更新:8/25(日) 16:01
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事