ここから本文です

【お金がもっと貯まる習慣 マスト5】お金が貯まる人は「うまくお金を使える人」でした!

8/25(日) 19:10配信

with online

もっと貯まる習慣 マスト5 ~基本編~

お金が貯まる人は「うまくお金を使える人」でした! 

たったこれだけ? というくらいの何気ない習慣やひと手間で、実はけっこう差がつくんです。貯まる人ほど大切にしている、小さなお金ルール基本編を5つ紹介。今日からさっそく実践してみましょう。

◆アドバイス/深田晶恵さん(ファイナンシャル・プランナー)
(株)生活設計塾クルー取締役。外資系電機メーカー勤務を経てFPに転身。個人向けのコンサルティングのほか、各メディアで活躍中。自他ともに認めるお酒好き。

【習慣1】水道にガス、電気……固定費はカード払いに

なんでもクレジットカードで買って明細をチェックしないと、何にいくら使ったかわからなくなる心配もありますが、水道光熱費や通信費(金額は必ず確認を!)、可能なら家賃など、毎月引き落とされる固定費をカード払いするのはアリ。払い忘れがなくなるメリットも。

【習慣2】ざっくりでいいから家計簿をつけてみる

面倒そうなことはイヤ! と拒絶反応を示す人も多いのですが、大雑把なものでOK。

『婚活費用・暮らしの費用・ぜいたく費用』などのように自分でざっくりと3項目くらいに分類し、毎月使った金額を書き込んでみるだけでも意味があります。レシートを写真に撮るだけの家計簿アプリを活用しても。

【習慣3】電子マネーのオートチャージを封印

オートチャージ機能は、便利さゆえに使いすぎの原因にもなる諸刃の刃です。お金が足りなくなってしまうことがないので使った実感がなく、値段も確認しないままピッと買えてしまうのが怖い。

電子マネーは、その都度チャージして使うか金額の上限を低く設定して。

【習慣4】手をつけられない“お金の聖域”を作る

お金の聖域、それはズバリ財形や自動積立など、将来のためのお金を積み立てる専用口座のこと。ATMなどで簡単には引き出せない仕組みにしておこう。

これをしないでお金を貯めることはほぼ不可能。まだの人は今月から始めて!

【習慣5】クレジットカードは2枚を厳選

あまり使わないカードをただ持っていると、年会費の元すら取れず、むしろ損になる場合も。メインとサブの2枚で十分です。

旅行の時に念のため持っていくサブカードは、年会費無料のものを選ぶようにしましょう。

【私にぴったりのクレジットカードの選び方】「本気の1枚+サブの1枚」を

□よく行く&使う場所か
□目的に合っているか
□年会費貧乏に注意
いちばんよく使う系列店のカードをメインに。百貨店系、駅ビル系、ネットショップ系などから1つを選びます。

とくにこだわりがないなら交通系を。「マイルを貯めたい」「△△ポイントを貯めたい」など、目的をはっきりと決めてポイントを集約するのがお得な技。

最終更新:8/25(日) 19:10
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事