ここから本文です

5日間4着だけの旅!荷物は持たないシンプル旅行コーデ【40代の高見えプチプラファッション】

8/25(日) 22:01配信

集英社ハピプラニュース

ポリエステルのスカートは、手の平に乗るほど小さくまとまり、他のアイテムもかなりコンパクトになります。

小さなトランクでも、これしか場所を使わない省スペースです。リネンは少しくらいシワがついても大丈夫。

それでは、実際の5日間コーデを予定に合わせて組んでみたいと思います。

【Day1】出発:ストレスフリーなワンピーススタイル
かさばるストローハットはかぶっていきます。機内で座っていると、食べたり飲んだりしてお腹が苦しくなるので、ウエストを締め付けないワンピースが活躍。機内は足も冷えやすいのでスニーカーでガードします。ワンピースは汚れても、速乾なのですぐにお洗濯すればOKです!

【Day2】街歩き:ノースリーブ×花柄スカートでエレガントコーデ
おそらく、日本と同じくらいの暑さと予想。ノースリーブがあると便利です。ウエストがゴムのスカートも、食べ歩きにラクですね!ベージュと黒の組み合わせで、落ち着いた印象にしてみました。

【Day3】ホテルや海辺の散策にリネンのセットアップコーデ
リゾートのホテルにはリネンがぴったり。テラスのレストランでゆっくりする時にもいいですね。このセットアップは買って本当に正解でした。ブラウンとリネンの組み合わせは、大人っぽい夏らしさを出すのに欠かせません。

【Day4】現地の料理教室に参加:動きやすいパンツコーデ
今回は「学び」の旅。現地の料理教室で本場の料理を習うのもそのひとつです。市場での買い出しから学ぶため、動きやすいパンツにしました。汚れてもいいプチプラが大活躍♪

【Day5】帰国時:ワンピースをジレ風に羽織って荷物を削減
旅の終わりは荷物を削減するため、着られるものは着用します。VISのワンピースをジレ風に羽織り、持参アイテム5点中の3点を着用。

ということで、トランクに入れるのは2点だけになりました。これも衣類用圧縮袋に入れてしまえば楽勝です!

いつもは羽を伸ばしに行くための旅行。でも今回は、語学の勉強も兼ねた少し変わった旅になる予定です。令和最初の夏休み、実りある旅にしていきたいなと思っています。

美女組 Akane
元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。

2/2ページ

最終更新:8/25(日) 22:01
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事