ここから本文です

《友達&恋人になりたい2.5次元俳優》1位は“叱ってくれそう”な“ツンデレ”

8/25(日) 12:00配信

週刊女性PRIME

 マンガやアニメ、ゲームを原作とした舞台=2.5次元エンターテイメントの人気はもはやブームではなく、エンタメのジャンルとしてすっかり定着しています。

【写真】ランクインした俳優たち、結果が一目瞭然のランキング表

 週刊女性PRIMEでは2年ぶりに、2.5次元俳優(マンガ・アニメ・ゲームなどが原作の舞台に出演した経験がある俳優)や作品に関するウェブアンケートを実施(2019年6月8日~7月7日)。6282件の回答が寄せられました。ご協力いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

 ここでは、「友達になりたい2.5次元俳優」と「恋人になりたい2.5次元俳優」のトップ10を発表! ファンのみなさまからの、愛にあふれた熱いコメントを一挙紹介します♪

友達になりたい2.5次元俳優

1位:佐藤流司(500票)

「ユーモアのある性格が素敵! 一緒にいて楽しそう!」(10代/学生)

「友達とのつながりを大事にしていそうな人だから」(20代/事務)

「相談に乗ってくれそう! あと、しっかりと叱ってくれそう!」(10代/学生)

「絶対楽しい! 夜中に急にご飯に誘われたい」(20代/事務)

「面白いツッコミを入れてくれそう」(10代/学生)

2位:鳥越裕貴(471票)

「この人と友達になったら、楽しくないわけがない!」(30代/事務)

「そばにいると笑わせてきてくれそう。ノリがいいから毎日一緒にいて楽しそう。関西弁でツッコんでもらいたい!」(10代/学生)

「嫌なことがあっても面白く吹き飛ばしてくれそう」(30代/事務)

「お酒飲みながらグダグダ話してみたい」(30代/事務)

「一緒にスポッチャに行ったら絶対楽しい」(10代/学生)

3位:和田雅成(453票)

「楽しくて気配りができるムードメーカーだから」(30代/医療)

「年齢差を気にせずグイグイ話しかけてくれそう」(40代/パート・アルバイト)

「ボケたときにキレキレなツッコミをしてくれそう」(10代/学生)

「たこ焼きパーティーで盛り上がりたい!」(40代/事務)

「気さくで明るい大阪のお兄ちゃん! という感じで見ていて元気をもらえそうです!」(10代/学生)

1/4ページ

最終更新:8/25(日) 12:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/1号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事