ここから本文です

米国富裕層が「郊外の持ち家」から「都市の賃貸」に移るワケ

8/25(日) 5:00配信 有料

幻冬舎ゴールドオンライン

高度成長期には「高嶺の花」だった都市物件だが…

幻冬舎ゴールドオンライン

いま、アメリカの富裕層たちがこぞって「郊外の持ち家」を捨て、都市での賃貸アパート生活をはじめているという。その動きは、ベビーブーマー世代(1946年~1964年生まれ)とミレニアル世代(1981年~1996年の生まれ)に多くみられる。なぜ、この世代の富裕層たちは、住み慣れた持ち家を捨ててまで、都市の賃貸アパートを選んでいるのだろうか。その理由を、アメリカ不動産の住宅在庫総数、建築許可件数のデータ等から紐解いていく。 本文:2,596文字 写真:4枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込32

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

小川 謙治

最終更新:8/25(日) 5:00
幻冬舎ゴールドオンライン

おすすめの有料記事

もっと見る