ここから本文です

「1島1リゾート」のモルディブで贅沢に楽しむ2島滞在

8/25(日) 18:00配信

Forbes JAPAN

モルディブは、スリランカの南西、インド洋に浮かぶ26の環礁と1200の島から成る国。1島1リゾートのルールが守られていて、訪れた観光客は、通常、1つの島だけで過ごすことになる。

パリス・ヒルトンなど、数々のセレブがお忍びでやってくるリゾート「フィノール」。元々は、以前に紹介した、家のようにくつろげる「アミラフシ」と姉妹リゾートで、スピードボートで20分ほどの距離でもあるため、なんとモルディブでは珍しい2島滞在ができてしまう。

フィノールをつくったのは、アミラフシ同様、リゾートのコンセプトづくりでは定評のあるマーク・ヘア。彼は「アミラフシのゆったりとくつろげる『家』というコンセプトはとても落ち着くけれど、長期滞在ともなれば、たまにはちょっとハジけたいという人もいるのでは」と言う。

ましてや、遊び慣れたセレブならなおさらのこと。それならいっそ、エンターテインメントをキーワードにしたリゾートを別につくってしまおう、というのが元々のアイデアだった。ヘアは「リゾートといえば、ゆっくり過ごすもの、という定番の考えを大きく変えたいと思った」とも語る。

炎を使ったダイナミックな料理

それを象徴するのが、多くのエンターテインメントの専門家たち。マジックなどを見せてくれるパフォーマー、ダンサーのみならず、照明の専門家、音響の専門家だけでも3人いるという充実具合。

夜10時頃から夜中の2時まで、毎日のようにDJブースが設置されて、パーティが行われる。とはいえ、客室がとても静かなのは、音が海に逃げるように設計しているからだという。

私が訪れたタイミングでは、サーカスやファイヤーショー、そしてブルーライトが輝く中、夜光塗料を使ったフェイスペインティングをして楽しむDJナイトなどが行われ、若い人からリタイヤ後の夫婦まで、世代もさまざまに集っていた。ガチャガチャとした雰囲気ではなく、フェイスペイントをしながら、家族やリゾートで出会った友人たちと語らう、肩の力が抜けたリゾートモードのクラブナイトだった。

レストランも、エキゾティック。オールデイダイニングの「バァ・バァ・ビーチダイナー」の他に、シグネチャーレストランは、中国料理と、インドネシア、ベトナム、シンガポールなどの東南アジア料理を出す「カヌサン」と、北アフリカ料理の「バハグリル」がある。

どちらにも共通するのは「炎を使ったダイナミックな料理」を「オープンキッチンでつくる」こと。客席からは、キッチンで巧みに火を操る様子が見られる。

カヌサンの中国料理の決め手となるのは、高温の火で油を熱すると出るスモーキーな香り、Wok(ワック)であり、それを満喫できる近海で取れるマッド・クラブのペッパーソース炒めをはじめ、点心や北京ダック、タイのトムヤムクンやシンガポールのラクサ、日本のうどんまでを楽しめる。

1/2ページ

最終更新:8/25(日) 18:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2019年10月号

株式会社アトミックスメディア

2019年10月号
8月24日(土)発売

980円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事