ここから本文です

ママも言ってる! 息子の“お前”ブームを注意したら反論された漫画が「笑いました」

8/25(日) 7:10配信

オトナンサー

 息子の“言葉遣い”を注意したエピソードを描いた漫画がSNS上で話題となっています。おもちゃの電車に向かって「お前」と言うのがブームの3歳の息子。母が注意すると、「ママも『お前』ってゆってる」と反論してきて…という内容で「笑いました」「返し方がうまい!」「面白い発想」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

【漫画】本編を読む

ブームは近所のお兄ちゃんたちの影響?

 この漫画を描いたのは、会社員で現在、育休中のめい(ペンネーム)さんです。インスタグラムやブログ「めいのうち!」で子育て漫画を発表しています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

めいさん「この時期の子どもの癖は、急に始まり、急に終わってしまうと日々感じていました。とてもかわいくて『これはイラストや日記に残しておきたいな』と思っていても、ついつい日々の忙しさにかまけて何もしないまま、その時のクセが終わって忘れてしまうことが多くありました。そこで、この『お前ブーム』は残しておこうと漫画に描きました」

Q.「お前ブーム」は、何かの影響だったのでしょうか。

めいさん「自宅の目の前で、息子より少し大きいお兄ちゃんたちがよく遊んでいます。お友達同士でじゃれ合って、『お前のせいだろー』『お前がやったんだろー!』と言い合っている声が家の中でも聞こえるため、無意識に息子の耳にも入ってきたのかな? あとは、子ども向けの動画の影響などもあるかと思っています」

Q.その後、「おママ・おパパ」は使い続けていますか。

めいさん「夫と2人で話していて大笑いしたりすると、テンション高めに『おパパとおママ~!!!!!』と割り込んで来ることがあります(笑)娘の名前にも『お』をつけて、1人で笑っている時もありますね」

Q.注意した後の「返し」が面白いです。日頃から、言葉に敏感な息子さんなのでしょうか。

めいさん「言葉というより、音に敏感かもしれません。一度聞いた音をかなり時間がたってから再現したりするので、そういう点では驚かされてばかりです。子どもの記憶力とはすごいものですね。

私も決して上品な話し方をするタイプではないので、子どもに注意した言葉をつい自分が口に出してしまったときは、子どもにも夫にも謝るようにしています。謝るようになって気付いたんですが、子どもに注意しておきながら自分も使っていることが多いです(笑)」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

めいさん「『笑っちゃいました』『子どもって親のことをよく見てますよね』という意見が多かったように思います。皆さん、同じような体験をしているからこそ面白いと感じるんでしょうね」

オトナンサー編集部

最終更新:8/26(月) 6:42
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事