ここから本文です

加部究のフットボール見聞録「プロより大学か」

8/25(日) 18:43配信 有料

SOCCER DIGEST Web

G大阪が大学王者を舐めていた様子はなかった

天皇杯3回戦で法政大はJ1のG大阪を2-0で下した。プロを相手に堂々と渡り合う彼らの戦いぶりは実に印象的だった。(C)SOCCER DIGEST

 天皇杯3回戦、なぜかG大阪のホーム扱いとなる東京都・味の素フィールド西が丘は、立ち見も出る盛況。数と応援の熟達ぶりで勝るG大阪サポーターが「ホームの利」を醸すが、2回戦で東京Vを下した法政大も、スカウティング通りに隙を作らずカウンターの機会を待った。
 
「リーグ戦も合わせて4連戦になったので、このゲームへの準備は実質1~2日間程度。でもG大阪は3バックでワンアンカーの脇が空く。ちょうど3バックの相手との試合が続いたので、ポジショニング等のイメージはできていたと思います」(法政大・長山一也監督)
 
 実際、24分に均衡を破ったシーンも、G大阪のアンカー・矢島慎也の脇に降りて来た法政大のFW田中和樹が落とし、フリーの大西遼太郎が狙いすまして決めた。
 
 G大阪が前年度の大学王者を舐めていた様子はない。守護神の東口順昭は「やる前からシンプルに強いと思っていた」と言うし、宮本 本文:1,616文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:8/25(日) 18:43
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

もっと見る