ここから本文です

結局は「ユベントスの一強」が続くのか?【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック』

8/25(日) 19:16配信 有料

SOCCER DIGEST Web

インテルは「イカルディ問題」が未解決

開幕戦はキエッリーニ(左)のゴールでパルマに1-0の勝利。ユベントスがセリエA9連覇に向けて好スタートをきった。(C) Getty Images

 監督交代に踏み切ったインテル、ミラン、ローマが戦力的に物足りず、戦術的には言うことなしのナポリにもまだメンタル的な疑問が拭えない。新シーズンのセリエAも結局、例年通り「ユベントスの一強」が続くのか?(文:マウリツィオ・クロゼッティ/訳:片野道郎 2019年8月19日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イタリア』を転載)
 
―――◆―――◆―――
 
 8月24日の新シーズン開幕を前に、セリエAの各クラブは戦力強化に余念がない。しかし、プレシーズンを支配しているのは「混乱」の一文字だ。
 
 ビッグクラブ勢はこぞって、カンピオナートを8連覇中の絶対王者ユベントスの足下に迫ろうと補強に奔走している。しかし今のところ、その牙城に迫ったクラブは皆無。アントニオ・コンテ(インテル・ミラノ)、マルコ・ジャンパオロ(ACミラン)、パウロ・フォンセカ(ASローマ) 本文:4,949文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:8/25(日) 19:16
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

もっと見る