ここから本文です

八村塁ら日本は「手強かった」 現役NBAのドイツPGが脱帽「非常に素晴らしいプレー」

8/25(日) 7:23配信

THE ANSWER

現役NBA選手4人、サンダーのデニス・シュレーダーら3人先発も格下日本に敗北

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は24日、31日開幕のW杯(中国)に向けた同22位・ドイツとの強化試合(さいたまスーパーアリーナ)を行い、米プロバスケットボール(NBA)のドラフト会議で日本人初の1巡目指名を受けたウィザーズ・八村塁は先発出場。両軍最多31得点と奮闘し、日本は86-83で金星を挙げた。W杯で過去7戦未勝利の“鬼門”の欧州勢から勝利となった。

【画像】この1本に会場大歓声! 「鶴竜関のフォーム綺麗すぎる」とネット騒然…試合前に“華麗3ポイント”を決めた鶴竜の実際のシュートフォーム

 ドイツは現役NBA選手4人を擁し、そのうちサンダーのデニス・シュレーダーら3人が先発。PGシュレーダーは別格のキレのある動きを見せてボールを運ぶなど、日本を翻弄した。第3クォーター(Q)でも、ゴール下にはセルティックスに所属する身長204センチのダニエル・タイスが君臨。シュートが外れてもマーベリックスのマクシミリアン・クレーバーがこぼれ球をリングに叩き込んだ。

 前半は試合を優勢に進めていたが、後半は日本の集中力の高いディフェンスに苦戦。前半を61-58とリードして折り返したが、最終Q残り1分45秒で逆転を許した。最大12点あったリードをひっくり返される敗北。W杯に不安の残る内容となった。

 シュレーダーは、3ポイントシュート4本を含むチーム最多の16得点を奪い、チーム最小の身長188センチながら8リバウンドで貢献。試合後、ドイツ不動のPGは「彼らは手強かったよ。日本は非常に素晴らしいプレーをした」と小さく声を振り絞った。世界ランク48位の日本にまさかの敗北。親善試合とはいえ落胆した様子だったが、素直に勝者を称えた。

 しかし、自分たちも前を向かなければならない。「両チームとも良いプレーをした。今のところ、我々は良いプレシーズンを送っている」と一定の手応えを得たようだった。グループGのドイツは、世界ランク18位のドミニカ共和国、同3位のフランス、同49位のヨルダンと対戦する。

THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada

最終更新:8/25(日) 7:23
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事