ここから本文です

16歳鍵山優真、4T2発の“34点差圧倒V”を海外メディア絶賛「なんてスターなんだ!」

8/25(日) 15:33配信

THE ANSWER

2位に大差をつける圧勝、昨季からの成長は「4回転を跳べるようになったこと」

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第1戦フランス大会は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の鍵山優真(星槎国際高横浜)が154.26点でフリーも1位となり、合計234.87点で優勝。2位に34.16点差をつける圧勝の演技を国際スケート連盟(ISU)は動画付きで公開し、海外メディアは「なんてスターなんだ!」と絶賛している。

【動画】「なんてスターなんだ!」と海外メディア絶賛! 4Tを2発成功させた鍵山の“34点差圧倒V”の実際の演技

 日本期待の16歳が圧勝でジュニアGPシリーズ初Vを飾った。鍵山は冒頭の4回転トウループ―2回転トウループはややスムーズさを欠いたが、以降は3回転フリップ、4回転トウループなどのジャンプをミスなく着氷させ、質の高い演技を披露。154.26点はフリー1位となり、2位に34.16点差をつける圧勝となった。

 ISU公式ツイッターは実際の演技を動画付きで投稿。また、試合後のインタビューも公開し、昨季から成長した部分について「4回転を跳べることになったことと、表現力の部分で踊れるようになったこと」と語った上で「今季、目指す場所としては、まずはGPファイナル、世界ジュニア、年明けのユースオリンピックです」と抱負を語った。

 米スケート専門メディア「IFSマガジン」公式ツイッターは「日本のユウマ・カギヤマが大差でクールシュヴェルのジュニアグランプリでタイトル獲得」とレポートし、さらに「なんてスターなんだ!」と称賛した。ジュニアGPシリーズ幕開けを飾った鍵山。最初の目標とするジュニアGPファイナルへ、絶好のスタートを切った。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/25(日) 15:33
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事