ここから本文です

久保建英、レアルBからマジョルカへ「激動の16日間」 “武者修行”の先に見える道とは?

8/25(日) 10:30配信

Football ZONE web

【スペイン発コラム】7日ザルツブルク戦の招集外が分岐点に… 22日の期限付き移籍決定までに何が起きたのか

 8月22日、3日後にレアル・マドリードのBチーム、カスティージャでセグンダB(スペイン3部)デビューを控えていた日本代表MF久保建英に大きな転機が訪れた。リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオン(1部)に所属するマジョルカへの、2020年6月30日までの期限付き移籍が発表されたのである。

【動画】レアル久保建英がロングパスに華麗な空中トラップ披露! 左足で“ピタリ”の圧巻スキルの瞬間

 6月のカスティージャ入団発表後、日本代表でコパ・アメリカ(南米選手権)を戦い、トップチームの北米ツアーとドイツ遠征に参加した久保が、そこで短い出場時間ながらも存在感を発揮し高い評価を得たことで、トップチーム昇格を求める声がスペイン内外で叫ばれた。

 しかし8月7日のザルツブルク戦(1-0)の招集メンバーから外れたことが、久保にとって大きな分岐点となった。同日に行われたアルコルコン戦で、久保はカスティージャでの人生をスタートしたのである。

 4-3-3の右ウイングで先発出場した久保は、トップチームに参加しカスティージャでの練習がほとんどないまま合流したことにより、試合には3-0と勝利したものの連係ミスが目立ち、後半25分にピッチを退いた。

 そうしたなかでもカスティージャのホームスタジアム、アルフレッド・ディ・ステファノで久保のプレーを初めて目の当たりにしたレアルをこよなく愛する観衆は、久保がベンチに下がる際、大きな拍手を送った。トップチームの時と比べてプレーに物足りなさがあったように見えたが、それは皆が久保に光るものを感じていることの表れとも言えた。

 久保はその後もトップチームで練習しつつ、カスティージャの試合に出場する。そして久保にとっての第2戦となった14日のクルトゥラル・レオネサ戦では、初戦と明らかな違いを見せた。試合を通じてプレーに絡み、積極的にゴールを狙っていった。チームは0-3の大敗を喫するも、スペイン紙「マルカ」はフル出場した久保について「チームのベストプレーヤーだった」と高く評価した。

1/3ページ

最終更新:8/25(日) 11:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事