ここから本文です

「完璧なカウンター炸裂」 元G大阪FWファン・ウィジョ、フランス移籍後初得点を現地絶賛

8/25(日) 15:10配信

Football ZONE web

ボルドー移籍後初ゴールを記録したファン・ウィジョ、地元紙はMOMに選出

 今夏にJ1ガンバ大阪からフランス1部ボルドーに加入した韓国代表FWファン・ウィジョは、現地時間24日に行われたリーグ・アン第3節のディジョン戦に1トップで先発出場。試合開始早々にカットインからの鮮烈なミドル弾で移籍後初ゴールを記録し、2-0 の勝利に貢献した。地元メディアも「完璧なカウンターを炸裂」と賛辞を送っている。

【動画】「完璧なカウンターを炸裂」 “閃光のファン・ウィジョ”がボルドー移籍後初ゴールを記録するカットイン弾

 2017年にG大阪へ加入したファン・ウィジョは昨季27試合16ゴールと活躍。シーズン終盤に出場リーグ戦6 試合連続ゴールをマークしてクラブ最長記録タイに並び、Jリーグベストイレブンにも入賞した。韓国代表でもトットナムFWソン・フンミンと並んでエースとしての立場を確固たるものとしている。

 その活躍が認められ、今夏にボルドーからオファーを受け、欧州挑戦を決断。開幕節アンジェ戦(1-3)、第2節モンペリエ戦(1-1)でも先発を飾ったファン・ウィジョは不発に終わっていたものの、3試合目で待望の瞬間を迎えた。

 0-0で迎え前半11分、自陣からのロングフィードに抜け出したファン・ウィジョは相手DFをワンタッチでかわすと、左サイドからカットインして右足を一閃。グラウンダーのシュートをゴール右隅に流し込んだ。

 ボルドーの地元紙「Sud Ouest」はこの試合のマン・オブ・ザ・マッチにファン・ウィジョを選出しており、「閃光のファン・ウィジョ」と表現。「完璧なカウンターを炸裂させた」と絶賛している。「日本でのゴールを分析し、ジェノアとの争奪戦を制することができた賜物だ」と獲得の成果を喜んでいた。

 また、「報われないのに気前の良いプレッシング」と、得点面以外のプレーでも献身的な姿勢を示していたと称えている。日本でも旋風を巻き起こしたファン・ウィジョが、フランスの舞台でもスポットライトを浴びる準備が整ったようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/25(日) 15:14
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事