ここから本文です

「マリオメーカー2」YouTuberも熱狂する仕組み

8/25(日) 14:50配信

東洋経済オンライン

 ゲームスキンには互換性があり、コース作成途中に別のスキンに切り替えることも可能だが、3Dワールドのスキンだけは独立しており、ほかのスキンとの互換性がない。

 ゲームスキンの変更は、決して見た目だけの変更ではない。ゲームスキンが変更されると、マリオが行うことができるアクションが大きく変化するのである。

 例えば、初代マリオではノコノコの甲羅などを持つことができないが、マリオ3では持つことができる。マリオワールドではスピンジャンプができるし、マリオUではカベキックをすることができるといった違いが生まれる。アクションに違いがあることにより、同じコースでもスキンの違いで攻略方法に幅が出てくるのである。

 スキンによるアクションの変化は、一見、無駄な制約であるかのように思える。どんなスキンを使おうと、マリオや敵や地形の動作を自由に設定して、動かせるほうがいいのではないかと。

 しかし、そうではない。プレーヤーは、そのコースをひと目見たときに、初代マリオであればシンプルなジャンプアクションを要求するコースであり、3Dワールドであれば多様なアクションとさまざまなギミックを有する、工夫しがいのあるコースなのだろうと理解するのである。

 つまり、スキンの設定1つで、そのコースのコンセプトやどのようなプレイを要求するのかを、プレーヤーに伝えることができるのだ。

■「初心者にも優しい」モードも

 コース作成は重要だが、もちろん遊ぶ人がいなければ、せっかく作ったコースも宝の持ち腐れになってしまう。「あそぶ」を選択すれば、世界中の人達が作成したコースで遊ぶことができる。

 しかし中には「突然、みんなが作った難しいコースに挑戦するのは嫌だ」とか「2Dマリオを遊ぶのが久しぶりで、操作方法を忘れてしまった」なんて人もいるだろう。

 でも、心配はいらない。そうした人たちのために、任天堂が用意したコースを遊びながら、基本的な操作方法に慣れることができる「ストーリーモード」が用意されている。

 ストーリーモードでは、さまざまなスキンや数々のギミック、多くの敵キャラたちの特徴を活かして配置された、100以上のコースを楽しむことができ、プレイしながら自然とゲームに慣れることができる。

 中には攻略法を思いつかないようなコースがあるかもしれないが、ストーリーモードには、お助け機能がある。

2/5ページ

最終更新:8/25(日) 14:50
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事