ここから本文です

新体制4年の大井川鉄道、劇的に変わった経営

8/25(日) 5:00配信

東洋経済オンライン

 SL列車で有名な大井川鐵道(静岡県、以下大井川鉄道)の名所として知られる大井川第一橋梁。「きかんしゃトーマス号」や「SLかわね路号」がこの橋を渡るとき、川岸にある温泉施設の観光客が手を振ることで有名だ。

【写真】大井川鉄道が指定管理者となった川根温泉ホテルのランチバイキング

 従来からあった日帰り温泉施設に次いで、2014年7月には近くに島田市が保有する「川根温泉ホテル」が開業し、今年7月1日からは指定管理者としてその運営を大井川鉄道が担うことになった。同社がホテル事業に進出した背景を探ってみた。

■親会社はホテル運営

 大井川鉄道の収入の柱は、SL列車に乗車する観光客の利用だ。だが、2013年にバス運転手の1日走行距離規制が強化され、首都圏からの日帰り団体バスツアーが大幅に減少したことで急速に経営環境が悪化し、2015年に地域経済活性化支援機構に事業再生支援を申請した。

 その際、スポンサーとして名乗りを挙げたのが北海道日高地方でホテルを運営するエクリプス日高だった。同社は自己破産した静内ウエリントンホテルを静内エクリプスホテルとして再建。同ホテルは、近年では楽天トラベルの「朝ごはんフェスティバル2018」北海道地区第1位に輝くなど、人気の高いホテルに成長している。

 同社は2015年、それまでの親会社だった名古屋鉄道(名鉄)に代わって大井川鉄道の経営に関わるようになり、2017年6月には完全子会社化した。

 このような経緯から、川根温泉ホテルが開業した2014年時点では、大井川鉄道は指定管理者に応募しなかったという。それから5年を経て当初の指定管理者の契約期限が切れるにあたり、同社は初めて名乗りを上げた。その結果、それまでの運営者である時之栖(御殿場市)と他1社に競り勝ち、晴れて指定管理者に選ばれたのだ。

 大井川鉄道が運営するにあたり、ホテル名は「~SLが見える宿~ 大井川鐵道 川根温泉ホテル」と、SLと鉄道名を前面に出した名称とした。同社の運営となったのは7月1日だが、新体制への移行準備などもあり実際の営業は7月11日からはじまった。

 それから1カ月弱が経ち、一息ついたであろう8月5日、同ホテルを取材した。夏休み期間ということもあり、開業早々から稼働率は順調だという。とはいえ和室8室、ツインルーム20室、クイーン(ダブル)ルーム18室の計46室という部屋数が限られたホテルだけに、満室であっても売上は十分とはいえないようだ。

1/3ページ

最終更新:8/25(日) 5:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事