ここから本文です

えっ、そうだったの? TBS「ノーサイド・ゲーム」にひっそり出演する吉本芸人の名

8/25(日) 11:00配信

デイリー新潮

 最近のTBS「日曜劇場」といえば、キャスティングにアナウンサーや歌舞伎役者、噺家、そしてお笑い芸人といった異業種から起用するのが名物のひとつ。印象に残る演技をすれば、それがドラマにとっての話題ともなる。なかでも池井戸潤・原作ドラマとなれば、それが顕著だ。ところが、現在放送中の「ノーサイド・ゲーム」では、“異業種俳優”が目立たないのである。話題の吉本興業から、ひっそり出演中の芸人がいることをご存知だろうか。

 ***

 これまでの例を挙げてみると、「半沢直樹」(2013年)では、アナウンサーでは夏目三久、歌舞伎界からはオネエ口調が話題となった片岡愛之助、噺家では笑福亭鶴瓶、そしてお笑い芸人からはダンカン、木下隆行(TKO)が出演し、話題になった。

 同様に、「ルーズヴェルト・ゲーム」(14年)では、強面と暑苦しい演技で注目された噺家の立川談春を筆頭に、アナウンサーでは森本毅郎、平井理央、歌舞伎では坂東三津五郎、そして芸人からはマキタスポーツらが出演していた。

 そして「下町ロケット」(15年、18年)では、ミュージシャンの吉川晃司や世良公則、さらにアナウンサーでは高島彩、古舘伊知郎、福澤朗、お笑い芸人からは談春、恵俊彰、春風亭昇太、バカリズム、イモトアヤコ、古坂大魔王、東国原英夫、今田耕司などが起用された。

「陸王」(17年)には、作家の阿川佐和子や元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造、歌舞伎界からは市川右團次、噺家からは桂雀々、お笑い界からは、かしまし娘の正司照枝師匠を筆頭に、ヒール役に徹した小籔千豊、キム兄こと木村祐一らが起用された。

 これに続くのが「ノーサイド・ゲーム」というわけだが、どういうわけか今回は異業種枠が少ない。第6話(8月18日放送)に橋幸夫が登場し、西郷輝彦に加えて“元祖御三家”のうち2人が並び立った。あとは舟木一夫がいつ出るか……といった話題がある程度か。他局プロデューサーが語る。

「やはり主演が、芸人をも喰う大泉洋ということもあって、芸人も少ないですね。でも全く出ていないわけでもありません。歌舞伎界からは中村芝翫さんも出演しています。また、大泉がGMを務める社会人ラグビーチーム・アストロズの選手として、林家正蔵の長男である噺家の林家たま平、ブルゾンちえみのユニット『ブルゾンちえみ with B』のB(ブリリアン)の片割れ、コージが起用されています。また、チーム行きつけの居酒屋の女将を演じているのは元宝塚のトップスター凰稀かなめ。他にもホラン千秋がゲスト出演したり、スポーツ界では現役の力士や吉田沙保里なども出演しましたが、これまでと比べるとかなり地味なメンツですね」

1/2ページ

最終更新:8/25(日) 13:25
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事