ここから本文です

二番打者の役割【立浪和義の超野球論】

8/26(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

強打の二番打者の増加

二番打者ながら本塁打はリーグ最多の坂本勇[巨人]

 今シーズン、巨人の原辰徳監督が、本来であれば三番、四番を打つ力のある坂本勇人選手を二番に置き、DeNAではラミレス監督が、途中からですが四番だった筒香嘉智選手を二番に入れ、話題になっています。

 私が現役時代の井端弘和君がそうでしたが、かつては、二番打者は送りバントや進塁打など、つなぎの役割を担うことが多く、縁の下の力持ちのイメージがありました。それがメジャー・リーグの影響もあるのでしょうが、今年になって二番に強打者を置くチームが増え、坂本、筒香両選手以外にも、日本ハムでは大田泰示選手が二番に定着しています。

 もちろん、彼らは従来の二番打者の役割を求められているわけではありません。坂本選手にしても、走者を進める意識で打席に入っているときはあると思いますが、特に二番になったから打撃を変えたということはなく、積極的なバッティングは一番、三番を打っていたときと変わりません。それどころか・・・ 本文:1,051文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:8/26(月) 10:37
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る