ここから本文です

実はNHKと相性がいい お笑い芸人の溶け込ませる力

8/26(月) 7:47配信

NIKKEI STYLE

日経エンタテインメント!によるお笑い芸人人気調査の「好きな芸人」には、1位のサンドウィッチマンをはじめ、ベテランから若手まで様々なタイプが並んだ。ランクインした面々をよく見てみると、ある共通点が浮かび上がる。それは、NHKでレギュラー番組を持っていること。表の赤字に記した芸人が該当し、上位4組は冠番組だ。

和牛のように単発出演のみの者もいるが(青字)、出演している時期が番組の方向性を固めるタイミングであるなど、意味が大きい。つまり「好きな芸人」は、局から絶大な信頼を置かれている「NHK愛され芸人」という見方ができる。

人選の際にポイントとなっているのは何なのか。「放送ガイドライン」によると、NHKでは視聴者の反響や各種調査結果など様々な角度から番組を評価しており、その上で「みなさまの多様な要望にしっかりと応えられるような番組作りも重視しています」とある。つまり局の方針として、事務所の推しより、視聴者に“出てほしい”と思われている人が起用されやすい環境にあるようだ。

とはいえ、それですべてが決まるわけではなく、作り手の意向が反映されるのも事実。では実際にはどのようなキャスティングが行われているのか。4月からレギュラー化された『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』を例に、河瀬大作プロデューサーはこう説明する。

「バラエティ番組を作るときに気をつけているのは、お茶の間にどうやってなじませるかということ。芸人さんは、家族でテレビをつけたときに団らんの邪魔をしないでスッと溶け込ませる力を持っている人が多く、その力に期待している部分があります」(河瀬氏)

■有吉に白羽の矢を立てたワケ

この番組のMCは有吉弘行。これまでNHKの番組で目にする機会はほぼなかったが、『カネオくん』では昨年の特番初回から起用している。そのワケは?

「番組はお金のバラエティですが、日本人は本音を語るのが苦手ですし、やり方を間違えるとゲスい感じになってしまう。そこで本音をズバズバ言って、なおかつ笑いにしてくれる人にMCをやってほしくてオファーしました。アニメで出てくる“カネオくん”の声は千鳥のノブさん。一生懸命なカネオくんのキャラクターにマッチしていることと、有吉さんとの相性も考えてお願いしたんですが、絶妙なハマリ具合でご好評をいただいています」(河瀬氏)

『カネオくん』に限らず、NHKで起用したい人物にはこんな共通点があるようだ。

「もともとNHKは真面目でお堅いイメージを持たれているので、親しみを感じてもらう番組作りを心掛けています。この10年ぐらいはよりそれを意識するようになったなか、芸人さんは話術に長け、どんな場でも盛り上げてくれるので、お力を借りる機会が増えていると思います」(河瀬氏)

有吉やノブを筆頭に「好きな芸人」でランクを上げている芸人は、NHKのレギュラー番組が始まるといった相関関係が見られる。その点についてはこう話す。

「NHKの番組には企業のスポンサーがいないので、広告にからんだNGテーマがないんです。ある意味で縛りがなく、その人の知識やユーモア、エピソードなど、持ち味が発揮しやすいのは確か。そういう点が好感度につながっているのかもしれません」(河瀬氏)

局にとっては真面目な題材を面白く伝えてくれる芸人の存在はありがたく、芸人にとっては広告主に気を使うことなくのびのびとトークでき、民放とは別のモードを見せられる機会になっている。NHKと芸人の相性の良さはそんなところにあったのだ。

(ライター 遠藤敏文)

[日経エンタテインメント! 2019年8月号の記事を再構成]

最終更新:8/26(月) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事