ここから本文です

社長の出身大学ランキング、3位早稲田、2位慶応、1位は?

8/26(月) 6:52配信

@DIME

「そういえば、あいつ起業したらしいよ」

久しぶりに会った大学の友人からそんな話を聞いた経験、あなたにはないだろうか?
もしあるのだとしたら、あなたの出身大学は、これまで何人もの社長を輩出している「起業家にとっての名門校」なのかも知れない。

そんな、有名企業への就職実績ほどフィーチャーされない大学別の社長輩出数が今回、帝国データバンクの調査によって明らかになった。

なお、本調査は、2019年6月時点の企業概要データベース「COSMOS2」(約147万社収録)から企業(個人、非営利、公益法人等除く)の社長出身大学データが抽出されたのち、約27万4000人の出身大学がランキング形式で集計されたものだ。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

日本大学が2位以下に大差をつけて1位に。東京大学はTOP10に入らず




社長の出身大学上位30校を見ると、「日本大学」が2万741人で最多となった。次いで、「慶應義塾大学」(1万669人)、「早稲田大学」(1万84人)、「明治大学」(8697人)、「中央大学」(7528人)という結果に。

なお、上場企業社長の出身大学では、「慶應義塾大学」が264人で最も多く、次いで「早稲田大学」(187人)、「東京大学」(175人)、「京都大学」(80人)、「日本大学」(77人)となっていた。

企業の年商規模別に見ると、「10億円未満」と「10億~50億円未満」では「日本大学」が最多となった一方、年商50億円以上では全てのレンジで「慶應義塾大学」がトップとなり、年商規模による違いが見られた。

さらに、社長の出身大学を就任経緯別に見ると、「外部招へい」では「慶應義塾大学」、「出向」では「早稲田大学」が最多となっていた。

出典元:帝国データバンク

構成/こじへい

@DIME

最終更新:8/26(月) 6:52
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事