ここから本文です

【昭和の名車 68】ホンダ シビック 1500CXは初代RSの後を継ぐFFスポーツでワンメイクレースも開催

8/26(月) 6:30配信

Webモーターマガジン

ホンダ シビック 1500CX:昭和54年(1979年)7月発売

昭和は遠くなりにけり…だが、昭和生まれの国産スポーティカーは、日本だけでなく世界的にもブームとなっている。そんな昭和の名車たちを時系列で紹介していこう。今回は昭和54年発売のホンダ シビック 1500CXだ。

【写真】リアビューとインパネ、レースシーンなどを見る

コンパクトなボディに強力なパワーユニットという点では、昭和54年(1979年)の7月にフルモデルチェンジを受けて登場した2代目のシビックに設定されたCXもまた、相当に魅力のあるモデルであった。

全長×全幅×全高がわずかに3870×1580×1350mmというコンパクトなボディ、780kgの軽量な車重は活発な走りの原動力となり、さらに搭載されたEM型1488cc直列4気筒SOHCエンジンは、他のグレードのものよりバルブタイミングを変更して、最高出力85ps/5500rpmを発揮する極めて高性能なものであった。そのパフォーマンスは、先代シビックの1200RSを彷彿とさせた。

もちろん小型2ボックス車の基本である、実用性の高さも健在だ。FWDの駆動方式を採用したことで、キャビンのフロア面は低く平坦にまとめられ、リアシートまわりでもその余裕は相当に強く感じられた。

組み合わせられたトランスミッションは5速MTで、ファイナルレシオを他のグレードより大幅に下げている。ブレーキはフロント側にサーボアシストを備えるディスクタイプが採用され、サスペンションも強力なパワーに対応するために、他のグレードとはセッティングの異なるハードタイプが使用された。リアにスタビライザーが備えられたのも、この1500CXの大きなメカニズム上の特徴とされている。

1500CXの走りの素質はレースシーンでも着目された。ワンメイクレースを中心に日本中のサーキットで1500CXは大活躍した。「ワンメイクレース」という言葉を一躍全国区にしたのが、この2代目シビック1500CXだった。先代のRS、RSLの後継モデルだが、ホンダが本気でレースのエントリーカーとして育てたクルマといえる。

シビック CXの成功で、他メーカーも続々とスポーツハッチバック市場に追従してきた。これ以降シビックは、“ワンダー”、“グランド”、そして1991年に発売された“スポーツ”と、歴代モデルにはレース対応バージョンが存在した。その血統は、現在まで続くタイプRに受け継がれている。

ホンダ シビック 1500CX 主要諸元

・全長×全幅×全高:3870×1580×1350mm
・ホイールベース:2250mm
・車両重量:780kg
・エンジン型式/種類:EM型/直4SOHC
・排気量:1488cc
・最高出力:85ps/5000rpm
・最大トルク:12.3kgm/3500rpm
・トランスミッション:5速MT
・タイヤサイズ:155SR13
・車両価格:95万7000円

 Webモーターマガジン

最終更新:8/26(月) 6:30
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事