ここから本文です

【林道実走調査】オフロードマニアやたぐわぁのGo Rindo!『御殿場・中島林道・生土不老山林道編』

8/26(月) 5:30配信

WEBヤングマシン

元初心者向けバイク雑誌編集長がオススメ! 全国の林道を実走紹介する人気コーナー第2弾

好評発売中のオフロード総合誌、オフロードマシン『ゴー・ライド』の人気コーナーが登場だ。全国の林道を元初心者向けバイク雑誌編集長だった現在フリーライターの「やたぐわぁ」が体をはって取材する林道紹介だ。前回に続き、今回も御殿場周辺の林道を紹介する。関東からも近いので是非このレポートを参考にしてもらいたい。

【写真をまとめて見る】

難所ありの走りごたえありの6.6km!

合計16.4kmの中島林道-生土不老山林道

6.6km×2(ピストン)+支線10.8km×2(ピストン)+支線20.8km×2(ピストン)

フリーライターの「やたぐわぁ」です。ビギナー向けバイク雑誌編集長時代には、ロードバイクでもダート走行するほどのオフロード好きです。今回も御殿場付近の魅力的な林道を体当たり取材してきました。残念ながら快晴の富士山には恵まれなかったので、絶景&林道は読者の皆さんで体験してください!

さまざまな路面が楽しめる往復約16km

誰もが知っている金太郎が生まれたのが、今回訪れた足柄山のあたり。正確には中島と呼ばれる山あいの集落だが、林道探索はこの中島の集落が目印。とはいえ、金時神社(金時公園)をひとまずの目的地にすればアプローチはラクラク。余談になるが、この金時神社の位置に、金太郎の生まれた家があったらしい。

さて、続いて目指すのは、これまた金太郎ゆかりの八重桐之池。今度は金太郎のお母さんの名前がついた公園を目指す。ここが中島林道と生土不老山林道の入口。

ここがポイント!富士山が見える場所は2カ所! 不老山の分岐まではオンでもOK! 荒れ気味の支線がおもしろい!

ここでは熊出没注意を見つけたが、足柄山だけに信憑性は高そうだ。

中島林道は、今回の時計回りのルートで走った場合の6割を占める林道で、後半4割が生土不老山林道。出発点は違えど、どちらも不老山を目指すように整備された林道で、それが途中で接続されるようだ。気になるのは、久々に走った中島林道の舗装化が着実に進んでいること。とくに不老山頂へ向かう支線のあるあたりまでは、真新しい砂利で補修された区間が続いた。もしかしたら、近いうちに舗装工事が行なわれるのかもしれない。

この林道のハイライトはこの支線2の分岐を過ぎてから。ほどよく荒れた路面が続くので、オフロードマシンなら楽しく走れることだろう。ロードバイクでも“なんとか通過できる”レベルの荒れ具合である。

その後、支線2の分岐から1.1km地点で林道名は生土不老山林道にスイッチ。さらに2.1km、中島林道の入口から本線を6.6km走ったところでゲートに阻まれ折り返すことになった。

1/2ページ

最終更新:8/26(月) 5:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年10月号
8月23日発売

定価880円(税込)

大特集:銀のバリ伝 その先のバイクライフ
新カタナ・カスタム特集
2019鈴鹿の暑い夏
別冊付録:世界初・日本発 列伝

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事