ここから本文です

パーソナルトレーナーが教える早朝を「ゴールデンタイム」にする方法

8/26(月) 7:02配信

ウィメンズヘルス

5:00AM 笑顔で瞑想をする

「笑うことも毎朝の習慣のひとつです。『笑顔を作れば、辛いときも幸せだと体に思い込ませることができる』という話を瞑想中に聞いたことがあるんです。そこから得たエネルギーを瞑想に注ぎます。ヒマラヤピンクソルトのランプを灯し、ビーズクッションに座って瞑想すると、スッキリした頭と落ち着いた心で1日が始められます」

6:00AM 最初のクライアントとのトレーニングに励む

「午前中のクライアントは通常2人。それぞれ朝6時と朝7時にスタートします。それが終われば、8時頃から自分自身のワークアウト。ここまで来れば絶好調で、残りの1日も頑張れるような気がします」

9:00AM スムージーを飲んでメールを読む

「私のスムージーは極めてシンプル。自家製のカシューミルクにホウレン草、バナナ、氷、プロテインパウダーを加えるだけです。ブレンダーで混ぜている間に、コップ1杯の水とMitoQのスキンケアサプリメントを2錠飲みます。これは肌の老化を食い止め、汚染物質によるダメージから肌を守る目的で作られたサプリ。おかげさまで、潤った明るい肌がキープできているように思います」

「そのあとは溜まったメールをチェックして、ネット上のクライアントにコンタクト。私の仕事はスタミナを要するので、エネルギー(と自分の正気!)を守るため、メールのチェックと返信は1日に2回までと決めています」

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

2/2ページ

最終更新:8/26(月) 7:02
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事