ここから本文です

『SHOWTIME』大谷翔平、ノーヒットで残塁の山 エンゼルスは大敗で5連敗、借金は今季最多「7」

8/26(月) 11:32配信

ベースボールチャンネル

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が25日(日本時間26日)、敵地でのヒューストン・アストロズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。チャンスで凡退するなどノーヒットに終わった。

【動画】大谷翔平のサイクル安打全シーンを振り返る

 この日も黒のユニホームに「SHOWTIME」の背ネームで登場。前日にシーズン100安打に到達した大谷だったが、この日は快音が響かなかった。

 大谷は初回、アストロズ先発の左腕バルデスに対し、四球を選び、チャンスメイク。続くアップトンが併殺に倒れ、得点には結びつかなかった。

 1-1の同点で迎えた3回には、無死満塁の絶好機で打席を迎えた。しかし、カウント2ボールから、ファウル2つで追い込まれると、最後はインコースいっぱいのカーブに手が出ず見逃し三振。後続のアップトン、プホルスも倒れ、エンゼルスは勝ち越しの大チャンスをものにできなかった。

 第3、第4打席ではともに沈むボールを引っかけ、二ゴロ。この日は5残塁と、走者を還す役割を果たせず、3打数無安打、1四球の内容。打率.298、OPS.869となっている。

 また、試合は8回に一挙7点を許すなど、終盤に崩れて2-11の大敗。チームの借金は。今季最多の「7」まで膨れ上がった。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:8/26(月) 11:42
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事