ここから本文です

ジョナサン・アイヴがアップルを去る「本当の理由」

8/26(月) 12:12配信

WIRED.jp

テクノロジーやビジネスの分野で活躍するジャーナリストにとって、インタヴューしてみたい相手といえば誰の名が挙がるだろうか。確実にリストの上位に入ってくるのが、デザイナーでアップルの最高デザイン責任者(CDO)であるジョナサン・アイヴのはずだ。

ジョナサン・アイヴと精神的な同志だったジョブズが共創したもの

アイヴとスティーブ・ジョブズは、クリエイティヴの観点から見れば現代の資本主義における最高のパートナーシップを築き上げた。ふたりは20年もしないうちにアップルを倒産の危機から救いだし、いっときは時価総額が1兆ドル(約107兆円)を超える世界最大の企業へと変身させた。

わたしは2003年から10年にわたり、毎年1回はアイヴにインタヴューを求めてきた。そしてすべて断られた。アイヴにというよりも、ジョブズにと言ったほうがいいかもしれない。ジョブズはアップルに関する取材のすべてを掌握したかったのだ。

ジョブズの存在感は死してなお強烈なもので、彼の死から2年後の2013年までアイヴとの対面は果たせなかった。だが意外なことに、その翌年も続けて『サンデー・タイムズ』紙に2本の記事を執筆することができた。

アイヴと4~5時間を過ごすといっても、たいしたことないように聞こえるかもしれない。だが、大半のジャーナリストよりもはるかに長い時間なのである。そのおかげで、アイヴがアップルで成し遂げてきた仕事に照らして彼の性格を総括したうえで、なぜ彼がアップルを離れてクリエイティヴエージェンシー「LoveFrom」を立ち上げる決断を下したのかを説明できるのだ。

ユーモア溢れる人柄

生粋の英国人である52歳のアイヴは、その素晴らしい才能に反して、一見するとひと目を引かない地味な印象である。道端で会ったら気づくに違いないと思うだろうが、実際のところ気づかないのだ。飛び抜けて背が高いわけでもなく、髪を剃っているわけでもない。2日分ほどの無精ひげをはやし、着ているものはネイヴィーブルーのポロシャツにキャンヴァス地のズボン、そしてデザートブーツという出で立ちだ。どこにでもいる週末の父親、といった風体なのである。

ロンドン北東部のチングフォードで生まれ育ったアイヴは、英国のエセックス地方のアクセントで静かにゆっくりと話す。米国には20年以上も住んでいるのに、まったく米国なまりの影響を受けていない。

アイヴの強烈なアイデアは、彼ならではの温かみとユーモアあってこそである。だが、そのユーモアたるや、ほとんどが自虐的なのだ。「米国に住んで30年近くになるのに(『数学』を米国式に略した)『math』と言えなくて、わざわざ『mathematics』と言うようにしているんだ。なんだかおかしな感じだよね」と、彼は語ったことがある。

それだけではない。米西海岸で流行のジュースクレンズやコールドブリュー・コーヒーに染まることもない。いまでも紅茶派なのだ。実際にアイヴのアシスタントは、アールグレイを切らさないように厳しく言い付けられている。

1/5ページ

最終更新:8/26(月) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事