ここから本文です

ASKA脱退でユニット名どうなる?「niko and...みたいに」の声も

8/26(月) 14:43配信

女性自身

歌手のASKA(61)が8月25日、CHAGE and ASKAからの脱退を発表した。79年の同日にデビューしたチャゲアス。デビュー40周年を迎えての脱退劇に、思わぬ反応が上がっている。

同日、自身の公式ブログで「関係者各位」と題し脱退を発表したASKA。相方であるCHAGE(61)が「脱退」を受け入れられていないだろうと推測しながらも、「手を替え、品を替えで、ただ延命するより、いっそ解体して、新しく積み上げることの方が建設的だと思うのです」とつづった。

さらにASKAは「振り返れば、『CHAGE and ASKA』は、40年の活動の中で、誰にもできなかったことをやってきました。これは、我らの勲章です」と述べ、「私は、その勲章を首から外し、壁にかけ、今後の音楽人生を歩んでいきたいと思っています」と意気込んだ。そして、こう明かした。

「その上で、お伝えしたいことは、『オレは、別にアイツが嫌いなわけではないよ』です」

ASKAは「長文、お付き合いくださいましたことを感謝いたします。ありがとうございました」とブログを結んでいる。

チャゲアスは79年8月に「ひとり咲き」でデビューし、91年7月にリリースした「SAY YES」や93年3月の「YAH YAH YAH/夢の番人」がダブルミリオンを記録。96年にはアジア人アーティストとして初めて「MTV Unplugged」 に出演し、00年には韓国政府が初めて認めた日本人アーティストとして大規模なコンサートを行った。

国内外で大活躍を果たしたチャゲアス。そのためTwitterには、惜しむ声が上がっている。

《残念です。私が物心ついて、一番最初に知ったミュージシャンが、チャゲ&飛鳥でした。それから、親に始めて買ってもらったのも、チャゲアスです》
《40周年を機に復活すると予想していた。残念だけど仕方がないか》
《ASKAにしか出せない神の声。神に合わせて歌うことの出来るCHAGE。そして、これらの声に合うあの歌詞。愛を語るのはこの辺にして、悲しいです》

いっぽう今回の件で、なぜかファッションブランド「niko and...」が話題となっている。ネット上で、こんな声が上がっているのだ。

《チャゲアスのASKAが脱退したらCHAGE and ASKAのASKAが無くなってCHAGE and...ってniko and...みたいになってしまう》
《niko and... みたいになるなぁ事案》
《この際CHAGEは「CHAGE&…」として「niko and...」に対抗してファッショニスタに転向したら良いと思う。思わない》

つまり、「CHAGE and ASKAからASKAが脱退したら『niko and...』みたいになるのでは」ということだ。ASKAの脱退が報じられた後、「niko and...」はTwitterでトレンド入りしている。

また《「niko and...」みたいだな、と思っていたらかなりの日本人が既に同じ事を考えていた》《niko and...みたいになるやんって思ったら既にツイートしてる人がいてさすがTwitterだなって》《CHAGE and ASKAの事実上の解散でniko and...の株が急上昇したら笑う》といった声も。

脱退は思わぬ余波を呼ぶほど、大きなニュースとなっているようだ。

最終更新:8/26(月) 16:30
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2883号・9月17日発売
毎週火曜日発売

特別定価430円(税込)

二宮和也 同棲開始!3億円新居購入
二宮和也 訴えていた恋人へのケジメ
美輪明宏 脳梗塞入院先から届いたメール

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事