ここから本文です

ダイエット中でも、おやつを食べていい時間は何時!?

8/26(月) 7:52配信

サンキュ!

みんな大好きなおやつ。暇さえあれば手が伸びてしまうなんてかたも少なくありません。ですが、ダイエット中なのであれば話は別。「絶対にNG」だと思っているかたは少なくないでしょう、と言うのはヨガインストラクターでビューティーフードアドバイザーの高木沙織さん。

【画像集】痩せる食材、集めました!5選

こう聞くと、ダイエット中におやつを摂ってもいいの? とも取れますが、そんな夢のような話はあるのでしょうか? 

ポイントは、「食べるもの」と「タイミング」です。

糖質オフのおやつをチェック

ダイエット中のおやつ。何がいけないのでしょう? カロリー? もちろん、カロリーオーバーは肥満の原因のひとつです。

そしてもう一つ意識してもらいたいのが、糖質。糖質を多く含むものの代表には、ケーキや和菓子、アイスクリーム、プリンなどの砂糖を使った菓子類、甘味の強いフルーツ、甘味料、シロップが挙げられます。このような甘いものだけでなく、油で揚げているポテトチップスもまた然り。

私たちの体は、食べた物が体に吸収されると血糖値が上昇します。その後、血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが分泌されるのですが、血中の糖分を脂肪に変えて体に蓄える働きを持つため、必要以上に分泌させないように気をつけたいところなのです。糖質主体の食べ物は血糖値を急上昇させやすいので覚えておきましょう。

最近では、「糖質〇%オフ」の菓子やプリン、アイスクリームなどが手軽に購入できるようになってきているので、どうしてもおやつが食べたくなってしまったらこれらの商品をチェックしてみては。

空腹時に食べない

空腹時のおやつにも注意が必要です。というのも、先にお伝えした血糖値の上昇と関係があるから。

お腹が空いた状態で糖質を多く含む菓子類を摂ると、血糖値が一気に上昇してインスリンも必要以上に分泌されてしまいます。

食事の時間以外に空腹を感じるときは、食べたものの量や内容を見直してみてください。基本の食事はバランスよくしっかりと摂り、欠食をしたり極端に量の少ない内容になったりしないように。食事からの満足度が低いと、おやつで満たそうとしてしまいがちです。

1/2ページ

最終更新:8/26(月) 7:52
サンキュ!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サンキュ!

株式会社ベネッセコーポレーション

毎月2日発売

毎日の生活を豊かにHAPPYにする情報誌
【別冊付録】10万円貯めたら貯まる人生に!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事