ここから本文です

実践的基礎知識マクロ経済編(5)<日本と主要国の財政状況について>

8/26(月) 7:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

ピクテ投信投資顧問株式会社が、実践的な投資の基礎知識を初心者にもわかりやすく解説します。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するコラムを転載したものです。

財政とは?

財政とは、国(政府)のお金の話です。家計や企業と同様に、国にも収入と支出があり、資産と負債があります。国の収入である財政収入(歳入)から、国の支出である財政支出(歳出)を差し引いたのが財政収支です。収入以上の支出をする場合、足りない分のお金は、家計や企業と同様に借金をして調達をします。

では日本の財政を見てみましょう。日本政府の収支には一般会計と特別会計の2つがあります。特別会計は「例外予算」と考えると分かりやすくなります。一般会計で全体の予算がこのくらいでそれぞれにこう使う、というのを決める議論とは別に、各省庁が「例外的にこういう名目でこのくらいお金がかかる」として予算を確保するのが特別会計です。

日本の一般会計は約100兆円の規模ですが、特別会計も合わせると約240兆円の規模となります(図表1)。つまり、「例外」のほうが多いことになります。

平成15年の衆議院財務金融委員会で塩川財務大臣(当時)が一般会計と特別会計を「おかゆ」と「すき焼き」に例えたエピソードが有名です。「(略)母屋ではおかゆ食って、辛抱しようとけちけち節約しておるのに、離れ座敷で子供がすき焼き食っておる、そういう状況が実際行われておるんです。(略)」と発言しました。

日本の財政を見る際には、一般会計だけではなく、特別会計も合わせて確認する必要があります。

財政悪化の要因

わが国の財政状況を一般会計・特別会計の合算で見ると、社会保障関係費と国債費の歳出額が非常に大きいことが分かります(図表2)。社会保障関係費は、年金、医療、介護などの社会保障給付費用のことです。68.5兆円(平成21年度)から86.4兆円(平成28年度)と、高齢化の進展などにともなって大きく伸びてきています。

また国債費は債務の返済および利払い費であり、78.9兆円(平成21年度)から92兆円(平成28年度)と、租税・印紙収入額と保険料収入額の合算額に匹敵する金額にまで増えてきています(図表1、図表2)。

こうした赤字をまかなうために赤字国債の発行を続けた結果、日本の国債残高(国の借金)は増加の一途を辿っています(図表3)。近年では、歳出面では高齢化の進展等に伴う社会保障関係費の増加や地方財政の悪化に伴う財源不足の補填(地方交付税交付金)の増加が主因となっています。また歳入面では景気の悪化や減税による税収の落ち込みが主因となります。

1/2ページ

最終更新:8/26(月) 13:27
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

幻冬舎ゴールドオンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事