ここから本文です

「PARA-」第2弾にRIRI、KEIJU、Julia Wu、cero橋本擁するSOM TAM CLUB出演

8/26(月) 20:30配信

Rolling Stone Japan

2019年3月にPredawn、Kick a Showらが出演し、初開催ながら約300名の音楽・カルチャーに精通した早耳な人々が集まり、好評を博した「PARA-」の第2回が9月1日(日)に開催される。今回は小袋成彬が手掛けた資生堂「ANESSA」のCM楽曲「Summertime」のアジアプロジェクトとコラボレートし、日本と台湾、両国でのイベント開催における日本公演を「PARA-」がサポートする。

第2回は“パラダイム・シフト”がキーワード。時代の転換点に立ち、既存のルールにとらわれず、ルーツ・国籍・男女・ジャンル・メジャー/アンダーグラウンドをボーダレスに活躍するアーティスト・クリエイティブ集団が南青山の楽園に集結する。

出演は19歳オルタナティブR&BシンガーのRIRI、ヒップホップ・クルーKANDYTOWNからKEIJU、台湾から今回が日本初公演となるオーストラリア出身の中国系シンガーJulia Wuを招聘する他、ceroの橋本翼を擁するパーティークルーSOM TAM CLUBからDJとして橋本翼、HAPPFAT、そして鈴木竜一朗のPHOTO EXHIBITIONが決定した。

さらに、国内外・カルチャーの垣根を掻き分けてストリート・アートシーンを追い続けるレーベル『BLANKMAG』の出店が決定。彼らが台湾のPlateau Studioで買い付けたTシャツや、編集長自ら厳選したZINE、透明雑誌のドラマーでWAITING ROOMオーナーのトリックスがセレクトしたカセットなどが出品される。

サウンド面ではオーディオ機器メーカーKEFのサポートも決定し、当日使用スピーカーはもちろん、会場でKEFのプロダクトを試せるエリアも設置予定。9月のはじめ、寄せては返す一夏の終わりの記憶を鮮やかに彩る、特別な1日になりそうだ。

---

「PARA-」
日時:2019年09月1日(日)16時スタート
会場:SHAREGREEN MINAMI AOYAMA 内ロースターカフェ隣接スペース
料金:前売り4000円+1ドリンク
主催:DIGLE MAGAZINE、the future magazine
協賛企業:Sony Music Entertainment、株式会社KEF Japan
後援:J-WAVE

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:8/26(月) 20:30
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事