ここから本文です

グリエーズマンがゴラッソ2発+1Aと躍動!飛車角落ちのバルサがマニータ達成で今シーズン初勝利!

8/26(月) 5:53配信

SOCCER DIGEST Web

先制を許すも逆転勝利

 現地時間8月25日、ラ・リーガ第2節で、バルセロナがベティスを本拠地カンプ・ノウに迎えた。

【PHOTO】2019年夏の移籍市場で新天地を求めたビッグネームたち

 アスレティック・ビルバオとの開幕戦に0-1で敗れたバルサは、大黒柱のメッシをはじめ、スアレスとデンベレを故障で欠く苦しい布陣。3トップは、左からラフィーニャ、グリエーズマン、そしてBチーム登録のカルラス・ペレスという顔触れとなった。

 開始15分、先制点を奪ったのはベティスだ。パスワークで中央を突破し、最後はロレンのアシストを受けた新戦力のフェキルが得意の左足でネットを揺らした。

 なかなか決定機が作り出せないバルサは37分、左サイドを駆け上がったジョルディの折り返しに、中央でフリーになっていたラフィーニャが合わせるも、DFにブロックされる。

 迎えた41分、この男が同点ゴールを叩き込む。セルジ・ロベルトの浮き球のパスに、グリエーズマンが滑り込みながら左足で合わせて、ネットを揺らした。今夏にアトレティコ・マドリーから移籍してきたフランス代表FWは、これが加入後初ゴールとなった。
 
 1-1で折り返すと、50分にも、グリエーズマンが狙いすました左足のゴラッソを決めて、逆転に成功。ここからバルサのゴールラッシュとなる。

 56分に、セメドの折り返しを受けたC・ペレスがワンタッチでDFをかわして、ゴール左に流し込むと、60分にはブスケッツの見事なパスを受けたジョルディがGKとの1対1を落ち着いて制した。

 そして、77分には一気のカウンターから、グリエーズマンのお膳立てを途中出場のビダルが決めて“マニータ”(5ゴール)を達成。その後、ロレンのミドルで1点を返されたものの、5-2で快勝し、飛車角落ちのバルサが今シーズン初勝利を挙げた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:8/26(月) 5:53
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事