ここから本文です

トイレの空き状況もスマホで分かる!「鉄道アプリ」の最前線

8/26(月) 8:01配信

現代ビジネス

「リアルタイム」な情報の強化

 今や、スマートフォンを持っていない人の方が珍しがられる時代。個人が持つデバイスとして完全に定着したと言ってよい。この社会的傾向を受けて、各鉄道会社もスマートフォン向けの無料公式アプリを配布し、各種の情報提供に役立てている。

役所があえて教えない、申請すれば「もらえるお金・戻ってくるお金」一覧

 利用者も多いであろう「JR東日本アプリ」を例に取ると、各駅の発車時刻表や経路検索、各種のお知らせなど、パソコン向けにも提供されているコンテンツはもちろんのことだが、各列車の走行位置(個別の列車の遅れも把握できる)と先の駅への到着予想時刻、一部の駅のコインロッカーの空き状況といった「リアルタイム」の情報提供ができることを大きな特徴としている。「まさにこれから鉄道を利用しようとしている人」に向けてのコンテンツである。

 実験中のコンテンツとしては、「過去の同じ曜日・時間帯の山手線の混雑統計情報」「駅の混雑状況情報の提供(新宿、品川、舞浜の各駅で実施)」がある。また、東京メトロのアプリで提供されているリアルタイム情報であるが、「トイレの個室の空き状況(上野、溜池山王の両駅で実施)」といったものもある。

 現在、こうしたアプリの提供は、JR旅客各社は大手私鉄、公営交通などが広く実施している。首都圏では、JR東日本、東京メトロをはじめ、大手私鉄各社(東武、西武、京王、京成、小田急、東急、京急、相鉄)を含めた計10社のアプリの連携が2019年3月に始まり、列車の走行位置、時刻表について、会社の垣根を越えたシームレスな情報提供を行う工夫の一端としている。

 例えば、永田町から東京メトロ半蔵門線で渋谷へ行き、JR山手線に乗り換えて大崎へ行く場合。まず、東京メトロのアプリで永田町~渋谷間の時刻を検索し、アプリ上の東京メトロ渋谷駅の駅情報に張られたリンクから、JR東日本渋谷駅の駅情報に直接飛べるようになっているので、山手線の時刻もわかるという具合である。

 ただ、現状では各社が提供している情報の内容には差異もあり、表現様式も統一されていないため、完璧な連携とも言いがたい。通勤などでふだん利用している会社のアプリは、それなりに「慣れ」も期待できるであろうが、慣れているだけに調べずともわかるということもある。たまに利用するだけの「不慣れな」会社の綿密な情報こそ、利用客が欲するものではなかろうか。その際、アプリの使い勝手が問題となる。

 現状、いちばん利用客が欲するであろう運行情報(特に遅れや運転見合わせの情報)については確立されているものの、今後は、どのような種類の情報、特にリアルタイム情報を提供するかを、各社間ですり合わせてゆく必要もあろう。巨大ターミナル駅だと各社の「エリア」が錯綜しており、一般利用客にはなかなかわかりにくい。

 具体的には、渋谷駅を例に挙げるとして、JR東日本の駅のコインロッカーが満杯でも、東急の駅に行けば空きがあるといったことが、ひと目で把握できることが好ましい。2020年には東京オリンピック・パラリンピックがあり、今後、「東京の鉄道に慣れない客」への情報提供は、よりシームレス、かつ、きめ細かく行っていくことが求められる。

1/3ページ

最終更新:8/26(月) 8:01
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい