ここから本文です

井上尚弥「非常に興奮」 ドネアを前に堂々宣言「優勝してアリトロフィー獲得したい」

8/26(月) 13:26配信

THE ANSWER

「11.7」開催正式発表、都内のホテルで一緒に会見出席「皆さんを納得させる試合を」

 ボクシングの大橋ジムは26日、都内のホテルで会見し、所属するWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されることを正式発表した。WBAはドネアのスーパー王座と井上の正規王座の統一戦、IBFはタイトルマッチとなる。

【画像】「いつの間に鬼を背中に飼った?」とファン仰天、モンスターがオーガになった? 井上が披露した屈強な広背筋

 決戦を前に、井上とドネアが3か月ぶりに再会した。都内のホテルで行われた会見。先に井上と弟の拓真が会場入り。後から入ったドネアが握手を求め、笑顔で対応した。紺のスーツにネクタイを締めた井上は大橋会長と並んで座り、米国から駆け付けたドネアはマネージャーであるレイチェル夫人を連れ立って出席した。

 井上はWBSS決勝について「今後、最大キャリアになる。次のキャリアにどんなに大切か自覚している。皆さんの期待もわかっています。自分が一番、戦いたかった選手。この決勝で戦えることが嬉しい。自分も持っている力を出し切り、優勝してアリトロフィーを獲得したい」とライバルを前に堂々宣言した。

 高ぶる気持ちを抑えられなかった。「勉強のためにテクニックを盗んでいた。戦えることを嬉しく思う。無事に決まってほっとしている。ホームの日本でこの決勝ができることに感謝の気持ちでいっぱいです。正直、試合展開もまだ予測できていないし、非常に興奮しています」と思いを高ぶらせた。

 相手は百戦錬磨の5階級制覇王者。警戒も緩めない。「一番、気を付けないといけない部分もわかっている。どのような試合展開にしないといけないかも理解している。それを当日、徹底したい。このトーナメント、初戦と準決勝とインパクトを与える試合ができたと思う。その先の道、景色は見えているので、皆さんを納得させる試合をしたい」と誓った。

 同日は尚弥の弟でWBC世界同級暫定王者・拓真が、正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との王座統一戦を開催となることも発表された。井上兄弟にとって、絶対に負けられない戦い。兄の威信にかけても、井上はWBSSの頂点を奪いに行く。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/26(月) 13:26
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事