ここから本文です

黒島結菜が「憧れの職業」パイロットを目指す“空オタク”に

8/26(月) 6:00配信

ザテレビジョン

King & Princeの永瀬廉が初主演を務めるドラマ「FLY! BOYS,FLY! 僕たち、CAはじめました」(9月24日[火]夜9:00-10:48、フジテレビ系)の追加キャストが明らかになった。

【写真を見る】顔はかわいいが、化粧っ気もないためかなり地味な高山つばさを演じる黒島結菜

本作は、航空会社のキャビンアテンダント(CA)を目指し訓練生となった主人公・朝川千空(永瀬)が、同僚たちと共にさまざまな訓練を通じ、成長していく物語。

今回、黒島結菜、キムラ緑子、寺脇康文、真飛聖、大倉孝二の出演が新たに発表された。

■ 高山つばさ(黒島結菜)

新人パイロット訓練生。母親との思い出を胸に秘め、パイロットになることを決意。現在は最終試験を迎え、副操縦士を目指している。

顔はかわいいが、化粧っ気もないためかなり地味。千空に負けないレベルの空オタク。

黒島は、役柄について「頑固なところは似ている」と話す。頑固さゆえに最初は千空に対してきつくあたるが、千空のまっすぐな性格に影響されてだんだんと心を開いていく。

■ 朝川美智(キムラ緑子)

千空の伯母。成田空港のそばで銭湯「べるさい湯」を経営しながら、親代わりとなり、女手一つで千空を育てた、一番の理解者。

世界中の料理に精通しており、普段から各国の料理を作っては、人に味見させている。おせっかいで、若者の恋愛模様にもすぐ首を突っ込もうとする。

■ 高山康介(寺脇康文)

つばさの父。ある理由から、つばさがパイロットになることに断固反対しており、半絶縁状態。しかし、常につばさのことを気にかけている。

■ 霧沢麗子(真飛聖)

千空たちの指導教官。超絶美人だが鬼教官。もともと、チーフパーサーの客室乗務員だったが、優秀さを買われ、指導教官となった。

■ 室井義雄(大倉孝二)

麗子と同じく、千空たちの指導教官。温厚で、いつもニコニコしており、新人男性CA訓練生たちを温かく見守る。麗子の指導をサポートしながら、相談にものる良き教官。

■ 黒島結菜コメント

――高山つばさの役柄はいかがですか?

最初、台本を読んだ時はきついというか、厳しい女の子なのかなという印象を受けました。でも、後半につれて自分の悩みやお母さんのこと、家族のこととか我慢していたり、不器用でうまくできずに焦ってしまうとか、全部含めたらかわいらしいんじゃないかという風に思っていて。

そのベースにあるのは、一生懸命で真面目なんですけど、頑張りすぎちゃうから、厳しく見えるという感じです。厳しくて真面目すぎるところを、きつめに演じようと考えましたが、ベースにあるのは真面目さゆえ、というのを頭に入れて演じようと思います。

――役柄との共通項や違いはありますか?

頑固なところは似ているんじゃないかなって思います(笑)。自分の考えはこう、と思うところです。人からここはああだよ、こうだよって言われても「うーん、そうかな」と思います。

最近、結構自分は頑固だなというのは思い始めて。つばさは、初めましての人にも強く言うじゃないですか。それは、私はしないんですけど、元にある頑固さとかは似ているんじゃないかなと思います。

――ちょっと弱くなった時に人や、家族とかに頼りたくなるようなことはありますか?

どうだろう…。私はあんまりないかな。あっても、友達に軽く話すくらいです。意外と落ち込んだりしますけど、すぐ切り替えをするタイプなので、一回反省して、次から気をつけよう、というふうにもっていきます。自分で気付いて自分で直すようにしよう、とはしています。それも、頑固だからだと思うんですけど(笑)。

――台本を読んでいかがでしたか?

本を読んで、私はすぐつばさを演じたいと思いました。パイロットって、憧れの職業じゃないですか。実際、私も小学校、中学校の時に飛行機関係で働きたかったんです。一番はパイロットになれたらいいなと思っていたので、英語など一生懸命勉強していた時期もありました。

でも、空港の職業ってグランドスタッフやキャビンアテンダント、整備士など、ほかにもたくさんあると思うんですけど、空港で働く人たちは、格好良いなと思っていました。なので、今回のつばさ役に決まって本当にうれしかったです。いつか自分がなりたかった職業を演じられたらと思っていたんですけど、こんなに早くくるとは思っていなかったです。

――空港で働くことへ憧れるエピソードってありますか?

家の近所が飛行機の通り道で、飛行場から離着陸するところがよく見えました。そういうのを見ていると、いつかは、というのがありました。

――最後に読者へメッセージをお願いします。

飛行機で働く人たちを描くお話は珍しいと思いますし、今の男性キャビンクルーの現状を含めて、たくさんの方々に知ってもらえたらうれしいです。私が演じるつばさは、女性パイロットです。パイロットは男性のイメージが強いと思いますが、最近では女性パイロットも増えてきていると思います。希望が詰まった作品なので、放送を楽しみにしていてください!

(ザテレビジョン)

最終更新:8/26(月) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事