ここから本文です

<凪のお暇>高橋一生“慎二”にハマるファン急増!「不器用すぎてキュンとする…!!」

8/26(月) 11:03配信

ザテレビジョン

黒木華が主演を務めるドラマ「凪のお暇」(なぎのおいとま/毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第6話が8月23日に放送された。凪(黒木)に未練タラタラにもかかわらず素直に思いを伝えられない元カレ・慎二(高橋一生)の不器用ぶりに、キュンとするファンが急増している。(以下、ネタバレが含まれます)

【写真を見る】凪の「ゴンさんとはお別れしました」の一言にギョッとなる慎二。凪への愛しさが顔に出てる!!

■ オフィスラブ満喫中!のはずが…

「凪のお暇」は、漫画誌「Elegance イブ」(秋田書店)で連載中のコナリミサトによる同名漫画が原作。仕事も恋もマンションもすべて捨てて安アパートに引っ越した28歳の主人公・凪が、新しく出会う人たちを巻き込みながら人生をリセットしていくストーリー。

凪に未練を残しながらも素直になれない慎二。ゴン(中村倫也)の沼にハマる凪を心配しながらも、口から出るのは凪をなじるモラハラまがいの暴言ばかり。ついには凪への思いを断ち切ろうと、異動してきた後輩女子・円(唐田えりか)とのオフィスラブに踏み切った。

だが6話では、スナック「バブル」2号店で働き始めた凪と店でばったり再会。ママ(武田真治)たちの前では初対面のフリをしたものの、凪が客に絡まれると助け船を出したり、「お前この仕事向いてないからやめろ」とぶっきらぼうながらも忠告したりと、とにかく凪が気になって仕方ない。

さらに、凪から「ゴンさんとは、お別れしました」と打ち明けられ、「は?」とわかりやすくうろたえる慎二。円を“彼女”と紹介することはできず、オフィスラブも一気にトーンダウン。心の中は凪でいっぱいに…。

凪の友達・坂本(市川実日子)のため奔走する一方で、凪の前では坂本に「思い出した!」「泣いてましたよね、『白い恋人』食べながら」と暴露されると「俺じゃないです!」と力いっぱい否定した。

■ 「『俺じゃないです』鬼リピしてる」

凪の前ではまったく素直になれない慎二に、SNSでは「慎二、お前…!!!」「不器用すぎてキュンとする…!!」「ツンデレ慎二かわいいかよ!!はぁ…好き」といったもん絶の声が続出。ドラマ序盤のモラハラぶりから一転、ひたすら凪に振り回される慎二に「可愛さ増してる!!」「最初はイヤな男かと思ったけど、最近はドハマりしてる…慎二良き」「『俺じゃないです』かわいすぎない?鬼リピしてる」など愛情こもったコメントが並んだ。

ファンの間で人気急上昇中の慎二。スナックで働き始めた凪に忠告する場面で口にした「お前には無理。興味ないだろ?他人に」「だってお前、自分に興味持ってくれるヤツしか好きじゃねえじゃん」の言葉も“刺さった”と評判。「うわ、グサッときた」「わかりすぎるほどわかる」「自分にも思い当たるフシがあった」といった言葉が飛び交っている。

その一方で、初めての恋に胸の痛みを感じまくるゴンのかわいさも尋常ではない。ゴン派と慎二派の攻防はさらに激しさを増していきそうだ。

■ 慎二、次回も安定の不器用ぶり…第7話あらすじ

第7話は8月30日に放送する。凪がゴンと別れたと知った慎二は、オフィスラブを満喫中の円とランチ中も、凪が気になり上の空。その時、突然同僚の足立(瀧内公美)たちがやってきて…。一方、ゴンは凪のことを好きだと自覚してから、自分が凪のために何をしてあげられるのかと思い悩んでいた。そして、ついにゴンが行動を起こす。

予告動画では、慎二が「お前と復縁!?800%ないんですけど!」と絶叫する場面も…。また心とは裏腹の行動を取ってしまいそうな慎二に、ファンも「来週も慎二節炸裂(笑)」「もう!素直になれよ!」の声でにぎわっている。

(ザテレビジョン)

最終更新:8/26(月) 11:03
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事