ここから本文です

香川真司は「主人公だった」 サラゴサ移籍後初ゴールを海外高評価「試合を支配した」

8/26(月) 5:45配信

Football ZONE web

2試合連続でトップ下に入り、昨年には“いなかったタイプの選手”として攻撃を牽引

 スペイン2部サラゴサの日本代表MF香川真司は、現地時間25日にリーグ第2節ポンフェラディーナ戦(1-1)で2試合連続のスタメン出場。後半14分に移籍後初ゴールで先制点を決め、スペインメディアも「主人公だった」と称えている。

【写真】膝から華麗にスライディング! サラゴサ香川真司、スペイン移籍後初ゴール直後の“歓喜ポーズ”

 香川は中盤をダイヤモンド型にした4-4-2のトップ下でプレー。序盤からキレのある動きを見せた。

 前半14分、最終ラインからのロングフィードに抜け出してシュート。惜しくもオフサイド判定となったが、その2分後にはスルーパスでDFカルロス・ニエトのシュートチャンスを演出するなど、攻撃の中心となってゲームを組み立てる。

 サラゴサは前半41分にセットプレーからネットを揺らされたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の進言でオフサイド判定となり、ノーゴール。スコアレスのまま突入した後半14分に試合は動いた。

 右サイドからのクロスを受けた香川が、ペナルティーエリア内で右足シュート。一度は相手DFにブロックされるも、すぐさまこぼれ球に反応して左足を振り抜き、ゴール右隅に流し込んだ。

 香川が後半26分に退いた後、サラゴサは失点して昇格組のポンフェラディーナ相手に1-1のドローに終わったが、海外メディアは香川のパフォーマンスを好意的に報じている。スペインメディア「エル・デスマルケ」は、「香川はポンフェラディーナとレアル・サラゴサの一戦の主人公だった」と、スペインで移籍後初ゴールを挙げた日本人アタッカーを称賛。スペイン地元紙「El Periodico de Aragon」も「香川は試合を支配した序盤が良かった。日本人はトップ下で決定的なラストパスとクオリティーを持つ選手だ。昨年はサラゴサにそのような選手はいなかったが、今年はいる」とゲームメーカーとしての働きを評価している。

 開幕2連勝とはならなかったが、香川は新天地で攻撃を牽引している。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/26(月) 10:16
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事