ここから本文です

バルセロナ16歳FW、クラブ史上2位の若さでデビュー。見せ場作るも無得点

8/26(月) 8:00配信

フットボールチャンネル

 バルセロナに所属する16歳のFWアンス・ファティが現地時間25日に行われたリーガエスパニョーラ第2節のベティス戦で公式戦デビューを飾った。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 アフリカのギニアビサウ出身のアンス・ファティは2002年10月31日生まれの16歳だ。安部裕葵らの所属するバルセロナBのさらにひとつ下のカテゴリとなるフベニルA所属だが、メッシやスアレスといった主力選手の怪我もありメンバーに招集された。

 そんなアンス・ファティはチームが5-1と大量リードした78分に満員のスタジアムから大きな拍手を浴びながらピッチに入る。この瞬間、バルセロナ史上2番目の若さでの公式戦出場となった。

 短い出場時間ではあったが、見せ場も作った。86分には右サイドでボールを受けドリブルでペナルティーエリア内に入り込みDFを交わし右足でシュート、しかしボールはゴールのわずか左に外れる。88分には右サイドでセルジ・ロベルトのパスを受け突破を試みるも相手のスライディングでシュートまで持ち込めず。

 結局、得点こそ挙げる事は出来なかったが17歳114日でトップチームデビューを果たしたメッシよりも早く公式戦デビューを果たしたアンス・ファティ。31番を背負う少年は今季どれだけ出場する機会を得る事が出来るのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:8/26(月) 8:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事