ここから本文です

朝ドラ「なつぞら」失速 「広瀬すず」がメイン視聴者からソッポを向かれちゃった?

8/26(月) 5:56配信

デイリー新潮

 NHKの朝ドラ「なつぞら」が、週間平均視聴率で20%を割る可能性が出てきた。実は、すでに第19週(8月5日~10日)で、初の20%割れとなる平均19・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)を記録しているのだが、これには特別な理由がある。8月6日は広島平和記念式典の中継のため、放送時間が大幅に変わったため14・0%を記録してしまったのだ。ところが、第21週(8月19日~24日)は、通常放送にもかかわらず19日から3日連続の19%台となった。メイン視聴者のF3層(50歳以上の女性)からソッポを向かれてしまったのが、その原因と言われている。

 ***

 失速の兆しは8月17日(第120話)にすでに現れていたと言うのは、民放プロデューサーだ。

「前日の16日(119話)では、なつが妊娠していることが判明します。ところが、その前に同僚のアニメーター・茜(渡辺麻友)も妊娠したのですが、『産後は契約で働いてもらいたい』と社長から言い渡されたため、退職してしまいました。それを見たなつは、出産後も同じように働きたいと悩み始めるところで話は終わります。続く120話は、同僚たちに産後も働きたいと訴え、社長室に乗り込み、直談判。最終的には彼女の望みが叶うというストーリーでした。民放ゴールデンの『わたし、定時で帰ります。』(TBS)や『校閲ガール』(日本テレビ)のような、働いているF1・F2層(20~49歳)を相手にしたドラマならまだしも、朝ドラの主要な視聴者であるF3層(50歳以上の女性)には、こういう話はなかなか共感できないでしょう」

 ちなみに16日の視聴率は20・1%だったが、17日には18・5%に急落している。「なつぞら」で18%台は、5月3日(18・7%)、7月18日(18・7%)、8月3日(18・3%)以来の4度目。それ以下となると、前述の8月5日の14・0%のみだ。

「いまでこそ、産後の職場復帰は当たり前ですが、ドラマで描かれるのは昭和40年代初めで、第2次ベビーブームが始まろうという頃です。そんな時代にあって、なつは自分の意志を貫き、産後の復帰が認められたばかりか、作画監督に出世するということも約束されて、同僚たちも応援してくれる。さらに定職がない夫のいっきゅうさん(中川大志)は、喜んで“主夫”を引き受けようという、実に恵まれた環境です。F3層といえば、まさにこの時代にお子さんを産んだ世代もいますし、多くは専業主婦か、仕事を辞めて結婚・出産した人たちでしょう。『現実はそんなに甘くなかった』、『やっぱり子供は最低でも、乳離れするまでは母親が育てるもの』と思っていると多いでしょう。ここは彼女たちの思いを酌み取って、泣いたり、挫けたり、女性の弱さを見せるストーリーでないと、共感は得られませんよ」(同)

 この放送を受けて、翌週の8月19日は19・1%、20日は19・5%、21日は19・8%と、番組史上初の3日連続20%割れ(前週の17日を含めれば4日連続)という事態に。1週間に3日も20%割れが続けば、週平均20%割れも現実味を帯びてくる。

「さらに、兄(岡田将生)の結婚や、夫の仕事に意見するなつのキャラクターも、好感度を落としています。言っていることは確かに正論なのですが、年下のくせに理屈っぽい彼女に、年長の視聴者はカチンときているようですね。NHKも視聴者層を分かっていながら、そこにおもねらない脚本を採用したことは立派なのかもしれません。でも、あれだけ視聴率を狙っているのに、メイン視聴者の心理は分かってないですね」(同)

1/2ページ

最終更新:8/26(月) 9:54
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事