ここから本文です

田中恒成が予想外の難敵を沈めV2。井上、村田を追う大器ゆえの焦燥感。

8/26(月) 11:51配信

Number Web

 WBO世界フライ級チャンピオンの田中恒成(畑中)が24日、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで指名挑戦者(ランク1位)のジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)に7回2分49秒TKO勝ち。2度目の防衛を成功させた。

【動画】何度見てもエグい、井上尚弥の70秒KO。

 波乱はなし―─。

 ランキング最上位者を迎える指名試合とはいえ、ゴンサレスは世界初挑戦。既に3階級制覇を達成している田中が「負けることはないだろう」というのが、戦前に耳にした大方の予想であり、私自身の見立てでもあった。結果はその通りだったのだが、試合内容は予想通り、とは言い難いものだった。

 小柄でスピードが持ち味のサウスポーであるゴンサレスに対し、田中は「スピードと駆け引きで勝負する」目論みだった。しかし、ゴンサレスの動きは予想以上に速く、かつカウンター狙いのディフェンシブなボクシングを徹底され、田中の思い描いたプランは開始早々に崩れる。

 こうしたゴンサレスのパフォーマンスに加え、王者自身が「コンディションをうまく作れなかった」というのだから、苦しくなるのは当然だった。

序盤からダウンを奪い合う激しい展開。

 KO狙いの田中はジワジワと前に出て強打を打ち込もうとするが、王者より8センチ背の低いゴンサレスは一瞬早く手を出すか、田中のパンチに合わせて素早くサイドにまわり、チャンピオンのミスブローを誘った。

 迎えた3回、田中が強烈な右をボディに叩き込み、あっさりダウンを奪ったときも、モヤモヤがきれいに晴れたとは言い難かった。

 案の定と言おうか、ゴンサレスは4回に入ると攻勢を強め、左フックで田中からダウンを奪い返す。これは首にヒットしたパンチで、田中にダメージがなかったとはいえダウンはダウンだ。

「日本人選手がやられる典型的なパターン」

 その後もゴンサレスがすいすいと田中の攻撃をかわしながら、軽打をヒットするという展開が続く。テレビ解説を務めた元WBC世界バンタム級王者の山中慎介さんは「日本人選手がサウスポーにやられる典型的なパターンだった」と表現したのは言いえて妙だ。

 日本人選手の前進をことごとくかわし、涼しい顔(そう見える)で勝利したサウスポーの外国人選手が過去に何人いたことだろう。

 7回が始まる前に、田中のトレーナーで父の斉さんがコーナーで口にした言葉も山中さんの意味するところに近い。

 「このままいくと、木村とカニサレスのようになるぞ」

 昨年9月、田中にタイトルを奪われた木村翔(青木)は今年5月、1階級下げてWBA世界ライト・フライ級王者のカルロス・カニサレス(ベネズエラ)に挑戦した。パワーとスタミナに自信を持つ木村は前に出続けたものの、軽打を打ち込んでは動き回るカニサレスをつかまえられなかった。

 「いつかは逆転するだろう」という希望的観測はラウンドを追うごとに絶望へと姿を変え、木村は力なく判定負けした。カニサレスはサウスポーではないが、ちょこまかと動き回る小柄な選手に屈した木村をセコンドがイメージしたというのは、この試合の前半戦を語る上で象徴的と言えるだろう。

1/2ページ

最終更新:8/26(月) 16:46
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

986号
9月12日発売

本体630円+税

桜の出陣。
ラグビーW杯大特集 日本代表、ベスト4への道

【別冊付録】 出場20チーム完全選手名鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事